【背中・肩甲骨ストレッチ】身体のコリを根本から解消! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

デスクワーク中に背中や肩甲骨あたりが張っていると感じる方多いのでは?

特に長時間同じ姿勢や冬の寒い時期だと、他にも肩や首も凝ってきますよね。

実は肩や首は背中のコリとも関係しています。

しっかりと背中をストレッチで柔らかくしておくと、肩や首、肩甲骨のコリも予防してくれる効果があります!

今回は背中のストレッチと一緒に肩甲骨のストレッチも紹介していきます!

ストレッチトレーナーである中津さんにインタビューをしてきました!

首の寝違いも予防!?背中のストレッチ効果

首の寝違いは背中の筋肉の硬さが原因ってご存知でしたか?

実は背中のコリは肩甲骨や肩、首のコリにつながっています。

つい、首にコリを感じると首の筋肉をストレッチしたりと痛い部分に集中してしまいますよね。

しかし肩周りの筋肉よりもそもそも背中などの大きな筋肉が硬いと、小さい筋肉をほぐしていてもすぐに元通りに戻ってしまいます。

ですので、しっかりと背中の筋肉が柔軟であれば首、肩、肩甲骨のコリを予防できることはもちろん、以下の効果も期待できます。

□姿勢改善
□血行促進効果で代謝UP
□疲労がたまりにくくなる
□背中の筋トレパフォーマンス力が上がる
□自律神経を整えてくれる

▼もっと詳しくストレッチの効果を知りたい方はこちらを参考に!

  • ストレッチの5つの効果
  • ストレッチの種類
  • ストレッチの効果が得られる期間
  • なかなか効果が出ないときの対処法!

5つのストレッチ効果とは!?毎日の継続で体質を根本から改善!

 

背中・肩甲骨に効果的!おすすめストレッチ

さっそく背中の筋肉をほぐしていくストレッチを紹介していきます!

背中のストレッチは肩甲骨も含まれるので、今回は肩甲骨まわりのストレッチも一緒に紹介していきます!

背中・肩甲骨をほぐすストレッチ

背中の筋肉を緩めるために、まずは肩甲骨周辺の筋肉をしっかり動かしてほぐしていきましょう!

フェイスタオルを準備して行っていきましょう!

【回数】

10回

【ポイント】

  • タオルは細めにおると持ちやすくなります。
  • 後ろから引っ張られているようなイメージで行いましょう!
  • 首の付け根くらいを目安に下ろしていってください。
  • 息を吐きながら下ろしていきましょう。
  • タオルを持つ幅を狭くすると強度が増します。

背中の広背筋ストレッチ

背中全体にある広背筋をのばしていくストレッチです!

背中の伸びを感じながら行ってくださいね!

【回数】

30秒

【ポイント】

  • 肩幅程度にひじを開きましょう!
  • お尻をグッと後ろに引き、ひじを固定しておきましょう。

座りながらできる簡単背中ストレッチ

座りながらできるので仕事中でも疲労を感じたときにいつでも行えるストレッチです!

【回数】

左右・真ん中各30秒

【ポイント】

  • 腕で作った円を崩さないよう意識しましょう!
  • お腹を後ろに引っ張っていくイメージで腕と身体を離していきましょう。

肩甲骨から肩をほぐすストレッチ

肩甲骨の周りから肩の筋肉に向けて効果的なストレッチです。

【回数】

左右30秒

【ポイント】

  • ひじよりも少し上を目安にタオルを腕にかけてください。
  • ひじが前にいくほど柔軟性があるので、無理しない程度に前にゆっくり伸ばしていきましょう。

ストレッチはいつするべき??

ストレッチを行うのだったら効果的な時間帯で取り組んでいきたいものですよね!

実際におすすめの時間帯はありますが、それよりも毎日の継続が一番大切になるので負担にならないように、まずは自分のタイミングで取り組むようにしましょう!

ストレッチに慣れてきて続けていけそうだなとおもったら、以下のタイミングも参考にしてくださいね!

◇お風呂あがり

お風呂を上がったあとは、体温が上昇し血行の促進が良くなっているので、柔軟性が高まっています。

そのタイミングでストレッチを行うことでより柔らかくしやすくなります。

◇寝る前

寝る前にゆっくり伸ばしていくようなストレッチをすることで、リラックス効果が高まる副交感神経がより優位になります。

それにより、睡眠の質が良くなる効果が期待できます!

◇起床後

朝起きた後に軽く動かすようなストレッチを行うと、寝ている間に硬くなっていた筋肉がほぐれて血行が促進されます。

それにより、代謝が上がり1日をスッキリと過ごすことができます!

ストレッチ効果をさらに実感するには!?

ストレッチでコリがないしなやかな身体にできたらいいですよね!

痛い部分からストレッチしてしまいがちですが、ストレッチは大きい筋肉からほぐしてあげることでより効果の持続性が増します。

理想のストレッチ箇所の順番は「股関節 → 背中・肩甲骨 → 肩 →首」になります。

肩甲骨のストレッチは背中のストレッチの一部に入ってきます。

ですので、背中のストレッチの後に一緒に肩甲骨のストレッチも行っていってあげましょう!

また、背中のストレッチをする前に、余裕がある方は股関節のストレッチから始めてみましょう!

▼股関節のストレッチを詳しく知りたい方はこちらの記事を参考に!

  • 痩せやすい体質に!股関節のストレッチ効果
  • 股関節の一番柔軟な状態とは
  • 股関節の柔軟さチェック
  • おすすめストレッチ

【股関節ストレッチ】股関節の硬さが太りやすい体の原因に!

背中のストレッチでコリ知らずの身体に!

いかがでしたでしょうか?

身体の部位の中でも背中は大きい筋肉があるところです。

その筋肉がカチカチだと肩のコリ、寝違いなどと様々な問題が出てきてしまいます。

毎日のマッサージでしっかりとほぐして、しなやかな身体を目指して行きましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。