セルライトにマッサージは効く!?~太ももを細くするのに本当にすべきこと~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セルライトをなくす方法ってマッサージ、エステや筋トレなど、どれがいいのか悩みますよね。

効果が出るまで時間がかかるので途中で諦めてしまった方も多いのでは。

しかし、セルライトは放っておくとどんどん硬くなり、更に落としにくくなります。

むくみ”はセルライトを作り出す原因で、モデルさんが脚のむくみケアをしっかりされている様に、とにかくむくみは一日でも溜め込まないことがセルライトの予防になります!

マッサージには硬くなった太ももを柔らかくし、むくみを解消しセルライトが出来るのを防ぐ効果があります。

しかし、マッサージだけではセルライトを完全に取り除くことは出来ません!!

そこで今回は、セルライトの予防方法と既にできてしまったセルライトを解消する方法をご紹介します。

どちらも継続して取り組み、すっきりきれいな脚を手に入れましょう!!

マッサージはセルライトに効く!?

マッサージの効果

太もものセルライトにマッサージの効果はあるのか・・・それはズバリ、あります!!

そもそもセルライトとは老廃物が溜まった皮下脂肪のことを言います。

むくみや冷え症が原因で老廃物が溜まり、老廃物が蓄積されるとどんどん硬くなりセルライトになります。

マッサージは血行が良くなることでむくみを解消し、セルライトを作り出しにくくする効果があります。

つまり、マッサージには予防する効果はあるが、セルライトを除去する効果はないということです。

予防をしないと既にあるセルライトに更に老廃物が溜まり、余計に落としにくくなってしまいます。

まずはこれ以上セルライトを作り出さないためにも「予防」することが最も大切です!

セルライトの予防

セルライトを取り除く前に、まずは予防が大事だと述べてきました。

これから紹介するマッサージと生活習慣の改善をすることで、セルライトを作り出さない体を目指しましょう!

マッサージ方法

まずはセルライトの原因であるむくみを取るマッサージ方法をご紹介します。

太ももだけでなく、脚先からマッサージすることで脚全体のリンパの流れがよくなります。

【ポイント】

  • 体温が上がり血行が良くなっているお風呂上りに行う
  • 揉みほぐした後にしっかりリンパ(膝裏と股関節)を流す
  • 強い力でやりすぎるとアザが出来てしまうので、力を入れすぎないようにする

継続するのにおすすめ「ボディかっさローラー」

ボディかっさローラー

通常のかっさとは違い、ローラーが付いているので滑りがよくオイルがなくても気軽にマッサージ出来ます。

毎日続けるのが難しいという方は「仕事でむくみがある時はセルフマッサージ」、「休日などあまりむくみが感じられない時はかっさを使って簡単に」と使い分けるのがおすすめです。

とにかく日々のむくみを溜め込まないよう必ずマッサージを行いましょう!

今すぐ始められる生活習慣の改善

生活習慣の改善って聞くと、栄養を取ったりジムに行ったりなど、少しハードルが高く聞こえますよね。

これから紹介する方法は、セルライトの原因である冷えやむくみを改善する為に普段の生活の中で気を付けるポイントをご紹介します。

良質な睡眠をとる

仕事などで睡眠時間を確保するのは難しいですよね。

その場合、睡眠時間は短くても質を上げることをおすすめします。

良質な睡眠は体の疲れを取り、筋肉を和らげむくみにくい体にします!

  • 就寝90分前に入浴しベストな体温で寝る
  • 体に負担の無いリラックスして眠れる枕にする
  • 寝る前のブルーライトは神経を覚醒させるのでなるべく避ける
  • 寝る前にアロマや音楽でリラックスした状態を作る

なるべく体を動かすことを意識する

体を動かすことで血行が良くなり、むくみの解消になります。

また、継続すると筋肉量も増え脂肪が燃焼されやすくなります。

  • 意識的に階段を使う
  • 週〇回は駅まで歩くなど、歩く習慣を付ける

食生活の改善

栄養管理のされた食事を取ることがベストですが、食事はそのままでも習慣を変えるだけで健康な体作りに近づけることができます!

  • 迷ったときはカロリーの低い方にする
  • アプリでカロリー管理をする
  • 必ず野菜から食べる
  • 意識して噛む回数を増やす

むくみや冷え性グッズの活用

ベノサン 着圧ソックス

着圧ソックスに医療用と一般用があるのをご存知ですか?

ベノサンはスイスの医療用着圧ソックスで、一般用のものと違いむくみを取るのに必要な圧力をかけることができます。

デスクワークや立ち仕事の方はとくにむくみやすいのでおすすめです。

寝る前にベノサンを履く、もしくは普段のストッキングをベノサンに変えるだけなので習慣化しやすいですよね。

値段も他の着圧ソックスに比べ高価な分、素材や機能はもちろんですが、美意識も上がりますよ。

セルライトの解消~おすすめ筋トレ3選~

「セルライト=脂肪」

脂肪を燃焼することがセルライトをなくすこと、つまり太ももを細くすることになります。

これから紹介する筋トレは既にできてしまったセルライトを燃焼し、予防対策と並行して行うことで効果的にセルライトをなくすことができます。

「脚を細くしたいのに筋トレしたら太くなった」とよく耳にしますよね。女性はホルモンバランスなどの関係で筋肉が大きくなりにくいため、スポーツ選手並みの筋トレをしない限り、太くなることはありません!

正しく効果的に筋トレをするために、まず初めに“どこを鍛えるのか”“動かすときのポイント”これらをきちんと理解する必要があります。

体がきつくなってくるとカウントに集中してしまい、どこを鍛えているのか意識が忘れがちになってしまうので、最後までしっかり部分を確認しながら取り組みましょう。

それではポイントと一緒に部分別の筋トレ方法をご紹介します。

ブルガリアンスクワット

太ももの筋肉は大きく分けて表の「大腿四頭筋」と裏の「ハムストリング」、内側の「内転筋」と呼ばれる三種類の筋肉に分かれます。

大腿四頭筋を鍛えると表が鍛えられ太ももが張って見えるため、太ももを細くするにはハムストリングと内転筋を鍛える必要があります。

それではまず、ハムストリングの筋トレ方法からご紹介します。

ブルガリアンスクワットはハムストリングはもちろん、お尻にある大殿筋も鍛えることができるのでヒップアップ効果もあります!

目安:15×3セット

【ポイント】

  • 太ももの裏に効いているか意識する
  • 前足に重心を置く
  • 姿勢を垂直にし、起き上がるときに胸を張る
  • 体が左右にブレないように意識し体幹も鍛える

ワイドスタンススクワット

太ももの内側にある内転筋を鍛える筋トレ方法をご紹介します。

内側を鍛えることですっきり隙間のある太ももを目指しましょう。

目安:15×3セット

【ポイント】

  • 太ももの内側に効いているか意識する
  • しっかり膝を外側に向ける
  • 前のめりにならないよう姿勢をキープする

カーフレイズ

「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎを鍛えることで、脚全体の血行がよくなります。

ふるらはぎもセルライトの出来やすい箇所なのでしっかり鍛えましょう!

目安:20~30×3セット

【ポイント】

  • 素早く上下に動かすのではなく、ゆっくり時間をかける
  • かかとを地面につけないようにする
  • 台に乗って行うと、より負荷がかかり効果が上がる

この3つの筋トレを正しく行うことで、太くするのではなくスッキリした太ももを目指しましょう!

継続が大事!モチベーションアップ法

セルライトをなくすには時間がかかり、毎日続けるのは難しいですよね。

そこで、継続するためのモチベーションアップ方法をご紹介します。

  • 少し高価なクリームやオイルを選び、美意識を高める。
  • エステには即効性のある場合もあるので、プロに施術してもらい維持する意識を高める。
  • モデルや芸能人など、目標とする体型を具体的に決めSNSなど日々チェックする。
  • 毎日鏡で全身をチェックすることで現状を把握し意識を高める。

やらされているという感覚ではなく習慣化することを目指しましょう!

まとめ

太ももを細くする方法について検索すると、マッサージの記事がたくさん出てきますよね。

効果や方法についてもたくさん情報がありますが、今回私がお伝えしたいことは

マッサージは

  • 太ももを細くする即効性はない(セルライトをなくす効果はない)
  • むくみを取り除きセルライトを予防する効果がある
  • 既にできてしまったセルライトを柔らかくし、燃焼しやすくなる

この3つのポイントです。

そして、セルライトは“放置すればするほど落としにくくなる”ということです。

“自分に自信を持ちたい”“かっこいい女性になりたい”など、太ももを細くしたいと思ったきっかけを思い出し、これを読んだその日から継続して取り組みましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。