【メンズ】ジム通いをスタイリッシュにするオススメジムバッグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウェアにシューズにタオルにボトルに・・・スポーツジムに通うときには荷物が多くてけっこう大変ですよね。

基本的に入ればなんでもいいのですが、毎回パンパンに詰まったバッグの中からいろいろ出し入れするのも面倒だしあんまりかっこよくない。

せっかくかっこいいカラダを目指してジムに通うのだから、ジムバックだってスタイリッシュで使い勝手のよいものを持っておきたいところ。

ワークアウト後の疲れたときでも、お気に入りのジムバッグにパッと収納して帰れば気分もスッキリしますよね!

今回はジム通いの際のオススメジムバッグについて紹介していきたいと思います。

ジムバッグを選ぶときのポイント

ジムバッグを選ぶときに押さえておきたいポイントについて紹介しておきたいと思います。

ポイント① 大容量の収納スペース

まずジムバッグ選びに欠かせない要素としては容量の大きさ。

ジムでトレーニングをおこなうときにはウェアはもちろん、シューズやタオル、プロテインのボトルなど荷物が多くなります。

ただ単に大きいだけでなく、出し入れしやすいように口が大きく開いたり、個別の収納スペースが多いものを選ぶようにしましょう。

ポイント② 肩に掛けられるタイプ

荷物が多くなればその分重さも大きくなってきます。

特にトレーニング後はカラダが疲れているので、そんなときに手持ちしかできないバッグではムダに疲労がたまってしまう要因に。

ジムバッグを選ぶときには肩にかけられるようなショルダーがついているものや、リュックサックタイプのモノがオススメです。

ポイント③ 軽くて丈夫な素材

いくら大きいからと言って、厚手のコットンキャンバスやレザーだったりバッグ自体が重いものは避けるようにしましょう。

またジムバッグは使い込むことを想定し、水に濡れたり、重たいものにも耐えられるような強い素材のモノを選ぶことも重要です。

最近では軽量で強度の高いポリエステルやナイロン素材のバッグも多いので、選ぶときににはしっかりそのあたりも確認しておきましょう。

目的別オススメのジムバッグ

ジムバッグには機能面や使い勝手の良さはもちろん大事ですが、実際どんなものを選べばいいのかわからないとお悩みの方も多いはず。

そこでこちらでは普段使いやビジネスシーンなど、それぞれの目的に合わせたオススメのバッグをピックアップしました!

自分のライフスタイルに合わせながら、ぜひ参考にしてみてください!

普段使いもできる機能的カジュアルバッグ

いかにも「ジム通い」的なデザインはイヤ!

そんな方には普段のおでかけでも使えるようなカジュアルタイプがオススメです。

オススメ① THE NORTH FACE(ザノースフェイス)BCダッフル

アウトドアブランドですが最近ではシティユーザーに大人気のノースフェイス。

定番のBCダッフルシリーズは、手持ち/バックパックと2way仕様ながらカジュアルに落とし込まれたデザインが特徴的。

カラー展開も豊富で普段使いもなんなくこなせるので荷物が多い学生なんかにもオススメです。
収納部分が大きく開き、モノの出し入れをひじょうにスムーズにおこなえるのもポイント。

また容量別に5サイズ展開しているので、自分のライフスタイルに合わせて大きさを選ぶことができます。

BCダッフルS(50L) 価格16740円(税込)詳しくはコチラ

オススメ② PATAGONIA(パタゴニア)ブラックホールダッフル

おしゃれで機能的ながらも長く使いこめるコンセプトが人気のアウトドアブランド。

こちらは45Lの容量を確保しつつも、未使用時には小さく折りたたんで収納できるという優れたバッグです。
大きく口が開くため荷物を収納しやすくジム通いにはとっても便利。

ハンドルで手持ちとバックパックの2WAY使用が可能です。旅行に行くときなんかにもあれば便利でおすすめです。

ライトウェイト・ブラックホール・ダッフル(45L) 価格14580円(税込)詳しくはコチラ

仕事帰りにもジムに寄りたい人に

仕事帰りにジムに寄ったりという人も多いはず。

そんな人にはビジネスシーンでも使えるシンプルでスタイリッシュなデザインを選ぶようにしましょう!

オススメ③ BRIEFING(ブリーフィング)アーバンジムバックパック

 

米国の軍用規格「MIL-SPEC」に対応した高機能バッグを展開するブランド。

こちらの「アーバンジム」と名付けられたバックパックは、「都会的なスポーツスタイル」をコンセプトに作られたまさにビジネスマンのジム通いにぴったり。

複数の収納スペースに分かれており、着替えやシューズなどの仕分けが可能でコンパクトながら使い勝手は抜群です。

もちろん3WAYでの使用が可能なので、ビジネスシーンなどオン・オフどちらでもスタイリッシュに使いこなすことができる万能バッグです。

URBAN GYM 3WAY BACKPACK 価格34560円(税込)詳しくはコチラ

オススメ④ ARC’TERYX(アークテリクス)グランヴィルバックパック

カナダ発の高機能アウトドアウェアを展開するブランド。

スタイリッシュなこちらのバックパックは無駄を削ぎ落としたシックなデザインでスーツスタイルにも合わすことができます。

大きく開く口の部分はマグネットで開閉するためスムーズな開閉が可能。必要なものをすぐに取り出すことができて使いやすやは抜群です。

軽量で防水性の高い素材を採用しているので、ビジネスマンには特にオススメです。

グランヴィル バックパック 価格27000円(税込)詳しくはコチラ

スポーツマンにぴったり!使いやすさ重視選ぶ

トレーニングだけでなくフットサルやゴルフ、スポーツシーンでも使いたい!

そんな人には収納スペースがしっかりしたスポーツタイプのバッグがオススメです。

オススメ⑤ NIKE(ナイキ)アルファアダプトクロスボディ

 

こちらのダッフルバッグはシューズやウェアを収納できるコンパートメント付きでスポーツシーンでのニーズがふんだんに盛り込まれています。

手持ちと肩がけの2wayタイプで、大きめに配置されたロゴデザインもおしゃれ。

耐久性にも優れた素材を使用しながらも、値段も高くないのでとりあえずジムバッグがすぐに必要!という人にはとってもおすすめです。

アルファアダプト クロスボディ 価格6480円(税込)詳しくはコチラ

オススメ⑥ UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)バックパックダッフル

 

野球やフットボールなどアスリート向けに作られた機能的なアイテムを展開するブランド。

こちらもバックパックとダッフルの2wayで使えるタイプで46Lの容量を確保している万能バッグ。

外側にある複数のサブポケットやシューズスペース、PCケースなど様々な収納スペースが確保されています。

もちろん撥水加工が施されているので、雨の日でも気にせず使うことができてオススメです。

ゴルフのときなんかにも使えるシンプルなデザインも良いですよね!

ストームコンテインバックパックダッフル 価格10800円(税込)詳しくはコチラ

とにかく楽!最小限の荷物でパッと使いたい

自宅の近くにジムがある場合には最小限の荷物でパッと準備を済ませたいですよね。

そんなときにはサックタイプのバッグもオススメです!

オススメ⑦ NIKE(ナイキ)ジムサック

持って行くのは着替えとシューズだけ!そこで便利なのがこちらのサックタイプ。

必要なモノだけ詰め込んでぎゅっと絞ればすぐに仕度完了。このシンプルさも意外とおしゃれで良いですよね。
お手頃な価格も手が出しやすくて助かります!

ジムサック 価格1944円(税込)詳しくはコチラ

小分けできる収納バッグも活用しよう

オススメ① 洋服を整理できるメッシュケース

ウェアなどを小分けできる収納バッグを活用すれば、カバンの中をきれいに整理することができます。

メッシュタイプのものであれば濡れた衣類やタオルでも通気性が保たれて衛生的に。

バッグの中に細かい仕切りがなくても、収納ケースを使うことで中身の整理がうんと楽になりますよ!

Montbellメッシュケース 価格2160円(税込)詳しくはコチラ

オススメ② かさばる小物はインデックスバッグに

シャワーで汗を流すときにはマイシャンプーやボディケアグッズも持っておきたいところ。
ごちゃごちゃとかさばる小物もインデックスバッグで整理しておくとトレーニング後もスムーズです。


透明のケースであれば中身の確認も容易におこなうことができて整理も簡単。
お気に入りのボディケアグッズを入れ忘れたりすることなく、まとめて持ち歩くことができるので大変便利です。

インデックスドップキット 価格3780円(税込)詳しくはコチラ

まとめ

いろいろと紹介してきましたが、お気に入りのバッグは見つかりましたか?

ジムバッグはデザインだけでなくやはり機能面や使い勝手の良さに注目したいところ。

とは言いつつもバッグ選びもジム通いを楽しくする一つのポイントでもありますよね!

これを参考にしながら満足できるお気に入りのバッグを見つけて、ジムライフを盛り上げていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。