【股関節ストレッチ】股関節の硬さが太りやすい体の原因に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

股関節を柔軟にしておく大切さをご存知ですか!?

上半身と下半身をつなぐ股関節は、脚の前後左右の動作や回転など日常の生活に欠かすことのできない重要な働きをしてくれています!

しかし、デスクワークなど長時間座りっぱなしの方、多いですよね!

このような習慣が長く続くと、股関節やその周辺の筋肉が硬くなるうえ、血行不良に。

それが原因で痩せにくかったり、腰痛や、ぽっこりお腹、ヒップが垂れてくるなど全身バランスの崩れにつながっていってしまいます。

反対に股関節を柔軟にしておくと、肩こりや腰痛の解消にも効果的です!

今回は身体を健康に保っていくのにも欠かせない股関節を柔軟にしていくストレッチを紹介していきます!

痩せやすい体質に!股関節のストレッチ

ストレッチは直接的なダイエット効果はなくても、痩せやすい体質に改善されていきます!

ダイエットしてもなかなか痩せにくい人いますよね!

このような人に共通するのが「筋肉の動きが悪い」ということです。

筋肉の中に血流は流れているので、筋肉が硬いと血流を圧迫してしまいます。

これが代謝を下げ太りやすくなったり、むくみの原因につながっていきます。

一方で筋肉がしっかりとほぐれている状態だと、圧迫がなくなり血液の流れる量が多くなり代謝がアップします!

そんな筋肉が多く集まっている場所が下半身で全身の筋肉の約70%といわれています。

股関節のストレッチはお尻や太ももなど下半身の大きな筋肉に関与していますよね!

ですので、しっかり股関節を柔軟にしておくことで太りにくく健康的な身体へと変わっていきます!

 

▼詳しいストレッチ効果を知りたい方はこちらの記事を参考に!

  • ストレッチの5つの効果
  • ストレッチの種類
  • ストレッチの効果が得られる期間
  • なかなか効果が出ないときの対処法!

5つのストレッチ効果とは!?毎日の継続で体質を根本から改善!

柔軟な股関節の状態とは!?

股関節って最終的にどの状態になったら柔軟といえるのでしょうか?

よくストレッチで「開脚」をしますよね!

開脚をして胸を床につけたまま1分間楽にキープできる状態がベストな状態といわれています。

一方で、脚を開いて左右のかかとの内側から内側までが最低でも自分の身長分は開かないと股関節が硬い状態になっています。

毎日の継続でやわらかい股関節を目指してストレッチをしていきましょう!

股関節を柔らかくするにはここをストレッチ!

股関節を柔らかくしていくにはどこをストレッチしていけばいいのでしょうか?

そもそも股関節は、骨盤と脚の骨が組み合わさって「股関節」とよばれています。

その周りについているお尻や、太ももなどの筋肉の硬さが、股関節の柔軟性も決めてしまいます。

下半身の大きな筋肉をストレッチすればするほど効果が上がっていきます!

骨盤周りについているお尻の筋肉をメインに、前太もも裏太ももも一緒にゆるめていきましょう!

股関節の柔軟さチェック!

股関節を柔らかくキープしていると、体質改善だけでなく全身のコリの解消にもつながっていきます!

ひざ関節など様々な関節がありますが、「身体の中心にある股関節」はしっかりと柔軟に動いた状態であることが大切です。

この柔軟性がなくなると、他の関節である「ひざ関節・肩関節など」への負担が大きくなり腰痛や肩こりにつながってしまいます。

そうならないためにも、現状の硬さを確認してしっかりストレッチで柔軟にしていきましょう!

〇正常な骨盤の位置

お尻の骨(座骨)がまっすぐ床についている状態。

柔軟もあり動きやすい股関節に!

〇骨盤が前傾(反り腰)

お尻の骨が床に対して後ろに向いている状態。

前太ももや股関節の前が硬くなりやすく、反り腰の原因に。

〇骨盤が後傾(猫背)

お尻の骨が床に対して前に向いている状態。

お尻や裏太ももが硬くなりやすく、ポッコリお腹や老けて見える姿勢の原因に。

簡単股関節おすすめストレッチ

股関節の柔軟さはどうでしたか!?

柔軟な股関節にするためにもしっかりストレッチを行っていきましょう!

自宅で簡単にできるストレッチですので、ぜひ取り組んでいってくださいね。

寝ながら骨盤周り・お尻のセルフストレッチ

~骨盤周りストレッチ~

【回数】

30秒~1分間

【ポイント】

  • なるべくひざをくっつけた状態で行いましょう!
  • テンポよく行っていきましょう!
  • さらに伸びを感じたい人は両手を上げてストレッチしてください。

~お尻のストレッチ~

【回数】

左右30秒ずつ

【ポイント】

  • できる限りひざを胸に近づけていきましょう。
  • さらに伸びを感じたい人は脚のすねあたりを手で押さえていきましょう!

股関節前後のストレッチ

軽く股関節をほぐすイメージで行っていきましょう!

【回数】

左右各30回

【ポイント】

  • バランスを崩さないようにしっかり上半身を固定させておきましょう。
  • 上げている脚のひざは外側を向けたまま行いましょう!

股関節の内側ストレッチ

脚を開いて股関節内側の筋肉も柔軟にしていきましょう!

【回数】

左右30秒×3セット

【ポイント】

  • 脚は肩幅より1.5~2倍の広さに開きます。
  • できる限りの範囲で腰を下ろしていきましょう!
  • ゆっくりと太ももの内側が伸びていると感じる力加減で行いましょう!

イスで行う骨盤周りストレッチ

【回数】

左右5回呼吸×3セット

【ポイント】

  • 姿勢はなるべくまっすぐ保ったまま行いましょう!
  • 息を吐きながら前に倒れていき胸と太ももが近づくようにイメージしましょう。
  • 呼吸は止めずにゆっくり行っていきましょう。

股関節ストレッチを行うタイミングは!?

身体の健康のためには欠かせない股関節のストレッチは基本的に毎日行うようにしましょう!

ストレッチといえば、入浴後に行うイメージが強いですよね!

実際に入浴後は血流量が多く、体温が高い状態なので普段の状態よりも柔軟性が高く一番ベストなタイミングになります。

また、寝る前に行うと「副交感神経が優位になりリラックス効果で睡眠の質も上がる」と言われています。

この時はじわっと伸びを感じるようなストレッチ(静的ストレッチ)がおすすめです。

一方、朝起きた後に行うことにより「血液循環が良くなり代謝も上がる」ので1日を気持ちよくスタートさせることができます。

朝は硬くなった身体を軽く動かすようなストレッチ(動的ストレッチ)がおすすめです!

このような時間帯が効果的ですが、継続しようと思ったら縛られた時間だと難しいですよね!

5分もあればできてしまうので、自分の生活リズムに合わせて身体の疲労を感じたタイミングで、行ってみてくださいね!

柔軟な身体を手に入れよう!

いかがでしたでしょうか?

股関節を柔軟にしておくことは、全身のコリの解消にもつながるなんて驚きですよね!

痩せやすい身体へと体質改善したい方や、腰痛・肩こりで悩んでいる人もまずは股関節のストレッチから始めてみましょう!

毎日の積み重ねが健康な身体に近づいてくるので、継続してつづけていってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。