【独占インタビュー】阪神・糸井選手×フィジークチャンプ石井氏の「超人」コラボトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【独占インタビュー】阪神・糸井選手×フィジークチャンプ石井氏の「超人」コラボトレーニング

昨年阪神タイガースに移籍した糸井嘉男選手。その超人的な身体能力は野球ファンであればだれもが知っているところ。

今回はそんな糸井選手のシーズンに向けての自主トレーニングを行うということで独占インタビューをおこなうことができました。

メンズフィジークチャンピオンの石井良亮氏をトレーナーに迎え、「超人」のカラダ作りに迫りました。

Contents

 筋力トレーニングの考え方

―本格的なウェイトトレーニングに取り組むようになったきっかけ

糸井選

まず初めてウェイトトレーニングに触れたのが高校生のときですかね。まあただそんなに知識がなくってただ単に練習の一環としてでしたね。

プロ入りしてもともとはピッチャーだったんですが、野手に転向になってそっから本格的に勉強して独自で取り組むようになりました。まあなぜかというとバットが重く感じたからですね(笑)

それでトレーニングが大事かなって真剣に思ったんです。

 

―動ける筋肉とウェイトトレーニングは違うなんて言われたりもしますがどうですか?

糸井選手

僕の場合は筋力トレーニングと野球技術の向上は比例すると思っていますね。

バッティングのパワーというか、バットのスウィングスピードがぜんぜん違います。

ウェイトトレーニングで身に着けた筋肉が、実際プレーに直結していると感じますよ。

 

―実際トレーニングしてて大きく変化しましたか?

糸井選手

単純に野球がうまくなりましたね。

やっぱり投げる球は早くなりますし、打距離も伸びて球が飛ぶようになりますし、足も速くなりますし、良いとこづくめですね(笑)

それに成績にも反映されるようになってきました。

 

―体重は増えましたか?

糸井選手

やっぱり体重は増えましたね、トレーニングしている分筋肉量が増えてますし。

プロに入ったときはもともと細かったんですけど、10kg近くは増えたんじゃないですかね。

 

―鍛えていてプレー面以外でも良かったことってありますか?

糸井選手

やっぱりユニフォームがかっこよく着れますよね!子供たちも見てますし。

そういうところもありますしやっぱり見た目。かっこ良いほうが良いじゃないですか(笑)

石井氏

やっぱ糸井さんは野球選手のなかでもカラダを作ることが好きなほうだと思います。

筋トレは昔の考え方で筋肉固くなるとか、重たくなるとかそういうイメージはあると思うんですけど、僕も糸井さんがおっしゃるように筋力トレーニングと技術の向上は比例していると思います。

スポーツの技術を向上するうえでやっぱり筋力は欠かせないですし、トレーニングで筋肉をつけたからといって動きが固くなるなんてことはないですよね。

だから僕もフィジーカーとしてカタチはもちろん意識しまずが、実際動ける筋肉をつけたいと思っていますよ。

 

具体的なトレーニングの内容について

―よくおこなう種目は何ですか?

糸井選手

う~ん、ほんまにいろいろですね。

石井氏

一緒にトレーニングをさせていただいてるんですけど、どれを一番やるとかっていうわけではなく部位を分けて行って、バランスよくトレーニングするようにしていますね。

上半身下半身バランスよくっていうのを糸井さんにはやってほしいかなって思います。

糸井選手

そういう知識がやっぱりすごいんで、見た目の通り(笑)

 

―メニューは糸井選手自身で決めているんですか?

糸井選手

僕の場合はけっこう独自でやってましたね。

それこそYOUTUBEとかトレーニングの動画を見ながらやったりしてましたよ(笑)

石井氏

僕のほうはもう希望を聞きながら、任せると言われたら僕が普段やっているメニューをやってもらったりって感じですね。

野球のシーズンとかもあると思うのでそのへんは希望を聞きながら、今後お手伝いしていきたいと思います。

 

―野球選手として特に意識している部位はありますか?

糸井選手

やっぱ背筋とお尻ですかね。

ここ鍛えてたらパワーでますね。

石井氏

デッドリフトとかが良いですよね。

あんまり下からっていうよりは、膝上からやるハーフデッドとかがかなり良いじゃないかと思います。

あとはスクワットとかも良いかなと思ってますね。

そんな高重量じゃなくて、低重量でフルスクワットをしっかりやるのが良いと考えています。膝の調子も見つつですね。

糸井選手

去年故障してますからね。

 

―コンパウンド系の種目が中心ですか?

石井氏

もちろんコンパウンドもやりますけど、それだけというよりはスーパーセットみたいな感じで、部位ごとにやってます。

例えば今日だったら背中、明日は下半身、と部位ごとにわけてやってますよ。

糸井選手

まあ勉強になりますよね(笑)

 

―ちなみにベンチプレスなどは何kgぐらい上がるんですか?

糸井選手

何kgぐらいやろ・・・

石井氏

計測はあんまりしないですね。その日のコンディションによっても変動しますし。

糸井選手

どれぐらいあがんの?

石井氏

ぼくはMAX150kgですね。

ただ糸井さんに意識してほしいのはケガとかもあるんであんまり重さを追いかけるよりは、丁寧なトレーニングを心がけてほしいですね。

 

―トレーニングの重量設定はどうしていますか?

石井氏

重量設定とかはやりながら決めています。

高負荷っていうよりは中から低負荷の高レップでしっかり追い込んでいく感じですね。

ただやっぱり重量も大事やと思うんで、高重量は低レップの1・2セットとかでやることもあります。

ぼくが一番大事にしているのはコンディションに合わせてというところです。

これからは糸井さんも僕もシーズンインなんでケガだけはないようにやります。

 

―最終セットはけっこう追い込みますか?

糸井選手

追い込んだね~(笑)

石井氏

しますね(笑)

最後は高レップでガッと、だいぶ心拍数上げながらやってます。

―セット間のインターバルはどれぐらいですか?

糸井選手

そういうのもけっこう気になってたんですけど、早いですよね。

僕はけっこう休みながらやるんですけど。

石井氏

そうですね。早いですね。

もうそのインターバルでできるだけやるっていう感じです。

今日は3人やったんで、終わったら入れ替わってっていう感じです。

そこまで細かい秒数までは気にしていないですが、ブレイクはあんまり長くとらないです。

まあそれも日によりますけどね。けっきょくコンディションによります。

 

―糸井選手はシーズン中も筋力トレーニングはやるんですか?

糸井選手

ほんまに選手にもよりますけど、僕はけっこうやりますよ。

頻度とかは多少落としたりしますけど、試合が毎日あるんでまあそれと相談しながらですがやるようにはしています。

日々筋肉に刺激を与えてます(笑)

 

―球児たちに何かアドバイスはありますか?

糸井選手

やっぱり環境が大事かなと思います。

早いうちからジムとかマシンがある環境にふれることが大事じゃないですかね。

 

食事やメンタル面でのこだわり

―普段の食事で意識していることはありますか?

糸井選手

めちゃくちゃストイックに意識しているわけではないですけど、シーズン中はとくにエネルギー不足にならないように炭水化物はしっかりとるようにしています。

食事は3食しっかり食べますね。

もちろんお肉もめちゃくちゃ食べますね。タンパク質は欠かせないです。

ヒレ肉が一番好きです(笑)

 

―サプリメントなんかも飲んでますか?

糸井選手

サプリメントはしっかりとります。

プロテイン・BCAA・クエン酸などは欠かさず飲んでますよ。

あっ今日クエン酸飲んでないわ(笑)

 

―そのほかカラダのケアのために行っていることはありますか?

糸井選手

まあまず睡眠は大事ですよね。

あとはトレーナーさんからマッサージやストレッチ系のケアも毎日やってもらいますし、ぼくも36になるのでその辺は怠らないようにしてます。

もう若くないんで(笑)

 

―打席や盗塁時での勝負強さの秘訣は?

糸井選手

盗塁でもなんでも、ここで成功するかどうか、生きるか死ぬかのワンプレーだと思ってやっていますね。

意識しているわけじゃないですけど、フィールドでは自然とそういう気持ちにになっていますね。

 

―ルーティンみたいなのってありますか?

糸井選手

あんまりないんですけど、

猛打賞とかホームランとか打てた日なんかと同じような行動をとったりはしますね。

 

―オフの過ごし方について

糸井選手

どうですかね。息抜きに買い物とかも行ったりしますしもちろんトレーニングも好きっていうのもありますけど、シーズン中なんかは次の日からまた試合があるのでカラダのケアに時間を使うことが多いですね。

休みでまた6連戦って感じなんでなかなかゆっくりできないのが現状ですけど。

 

シーズンに向けての意気込み

―昨シーズン振り返ってみて1年間どうでしたか?

糸井選手

移籍の年で阪神1年目でしたけど、成績的には平凡でケガもあり、次はそうならないためにもこうやって本格的なトレーナーと一緒にからだづくりをしようと思って、サプリメントやトレーニングなどについての知識をすぐ勉強したかったんですよね。

 

―次のシーズンはどういう1年にしたいですか?

糸井選手

まず御堂筋パレードしたいですね(笑)

やっぱり自分の成績も今までで一番良い成績をだしたいですね。

それが目標です!!

 

 

 

PLOFILE

・糸井 嘉男(阪神タイガース所属・外野手)

日本プロ野球史上初の6年連続打率3割・20盗塁・ゴールデングラブ賞達成者および、日本プロ野球史上最年長盗塁王記録保持者。そのたぐいまれなる身体能力から愛称は「超人」。

  • 北海道日本ハムファイターズ(2004-2012)
  • オリックスバッファローズ(2013-2016)
  • 阪神タイガース(2017-現在)

 

・石井 良亮(日本トップフィジーカー)

肉体の美しさやバランスを競いあうフィジーク競技の第一線で活躍。オールジャパンオールメンズフィジーク大会のチャンピオン。トレーナーやモデルとしても活躍。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。