【下半身ストレッチ】2つの代謝を上げてスタイルアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、パンツを履くとパツパツに感じる。。。

上半身は標準なのにお尻や太もも周りなどの下半身に悩みをもつ女性も多いのでは?

ストレッチの最大の効果は「痩せやすい体質にするための材料である筋肉の質を高める」ということです。

下半身は身体全体に対して多くの筋肉が集まっているので、その筋肉を柔軟にすることでダイエット効果が得られなかった人も体質改善していきます!

今回は下半身に効果的なストレッチを紹介していきます!

今回はストレッチトレーナーの中津さんに取材をさせてもらい、悩みの下半身ストレッチについて話を伺っております。

下半身ストレッチの引き締め効果は!?

下半身のストレッチで脚などの引き締め効果があるのか気になりますよね!

直接的なダイエット効果はありませんが、痩せやすい体質になるための「筋肉の質」を高めてくれます。

引き締めていくには、消費カロリーを増やしてくれる「筋肉」は欠かせません。

その筋肉が硬いままだと血流も運動パフォーマンスも悪くなってしまうので、がんばってダイエットに励んでいても結果に結びつかないなんてことも。

筋肉を柔軟にしておくことは効率よく引き締めていくにはとても大切なポイントです!

ストレッチには主に2つの代謝がアップするといわれており、なかなかダイエットの成果が出なかった人も徐々に体質改善していきます!

◆体温の代謝UP

ストレッチすることにより硬くなっていた筋肉がほぐれます。

血液は筋肉の中を流れているので、筋肉が柔軟であれば圧迫されることがないのでスムーズに流れてくれます。

血液循環が良くなることで基礎体温が上がります。

体温が上がることにより、代謝も上がるので痩せやすい体質にしてくれます。

◆デドックスの代謝UP

体温の代謝が上がる他にも、デドックスの代謝もアップしていきます。

筋肉が硬いままであると血行が悪くなります。

これは老廃物が流れず、体内にたまりむくみの原因になります。

下半身の筋肉を柔軟にしておくことで老廃物がきちんと排出されるので、デドックスの代謝が上がってスッキリした身体にしてくれます。

 

筋肉が多い部分ほど血流を良くしておくことで2つの代謝がアップしやすくなります。

下半身には身体全体の約70%の筋肉が集まっているので、下半身ストレッチで代謝の良い身体づくりを目指していきましょう!

 

▼もっと詳しくストレッチの効果を知りたい人はこちらの記事を参考に!

  • 痩せやすい体質に改善!股関節ストレッチ効果
  • 股関節が柔軟な状態とは!?
  • 股関節柔軟チェック
  • おすすめストレッチ

5つのストレッチ効果とは!?毎日の継続で体質を根本から改善!

下半身おすすめストレッチ

股関節ストレッチ

股関節は上半身と下半身を結ぶ重要な役割を果たしてくれています。

まずは股関節を柔軟にして他の部位もほぐしていきましょう!

【回数】

左右各30回

【ポイント】

  • バランスを崩さないようにしっかり上半身を固定させておきましょう。
  • 上げている脚のひざは外側を向けたまま行いましょう!

▼股関節のストレッチについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考に!

【股関節ストレッチ】股関節の硬さが太りやすい体の原因に!

太もも前側ストレッチ

特に反り腰の方や筋トレをしている方におすすめのストレッチになります!

イスや台を準備して行っていきましょう!

【回数】

左右各30秒

【ポイント】

  • バランスがとりにくい場合は壁に手をあてて行ってください。
  • 身体が前に倒れないようにまっすぐキープすることを意識しましょう!
  • 強度を強める場合はかかとをお尻の方へ近づけていきましょう。
  • 反対にきつい場合は、立っている脚からひざを少し離してみてください。

太もも裏側ストレッチ

太ももの裏側は普段からあまり使われる筋肉ではないので硬くなりやすい部位でもあります。

しっかり柔軟しておくと、姿勢を矯正したり筋トレのパフォーマンス力を上げてくれます!

こちらもイスや台を準備して行いましょう!

【回数】

左右各30秒

【ポイント】

  • 裏ももをストレッチしていくときは、骨盤が開かないようにイスと平行を意識しましょう。
  • ゆっくり呼吸しながらじわっと伸びを感じていきましょう。

ふくらはぎストレッチ

ふくらはぎは「第二の心臓」といわれているほど重要な部位です。

この筋肉を柔軟にし動かすことで血液を心臓に押し流すポンプのような働きをしてくれます。

タオルを準備して行っていきましょう!

【回数】

左右各5回×3セット

【ポイント】

  • 親指の付け根あたりにタオルをかけていきます。
  • かかとの方にタオルをかけてしまうと、太もも裏にストレッチされてしまうので注意してください。

 

すべてのストレッチが終われば、最後は足首を回して下半身のストレッチを終えましょう!!

▼肩こりに効くストレッチが気になる方はこちらの記事を参考に!

【トレーナー監修】肩こりに効くストレッチで首のだるさも解消!

継続期間は最低でも3ヵ月!

ストレッチは最低でも3ヵ月は継続するようにしましょう!

筋肉の細胞は約3ヵ月で生まれ変わるといわれています。

3ヵ月を1クールとし、それを継続していくことで柔らかい筋肉が定着してきます。

結果的に柔軟になった身体を維持していくことにつながるので、すぐにリバウンドしにくい体質になります。

ストレッチと筋トレの組み合わせが最高!

さらに、引き締め効果を出したいなら、「ストレッチ+筋トレ」が最強の組み合わせになります!

最初の効果でもお伝えした通り、ストレッチだけでは下半身の引き締め効果は弱いです。

なぜなら、ストレッチだけでは消費カロリーがあまりにも少なすぎるからです。

消費カロリーを増やすには、負荷をかけながら筋肉を鍛えていく「筋トレ」が必要になります!

その筋肉が消費カロリーを増やし、脂肪が燃焼されて引き締まった身体へと変化していきます。

下半身をスッキリさせたい方はぜひ一緒に、下半身の筋トレで効果を高めていきましょう!

 

▼ストレッチと筋トレの関係をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考に!

【プロに聞いた!】正しいストレッチで筋トレ効果を高める方法!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スッキリとした下半身を手に入れるには、筋肉をストレッチで柔軟にしていくことが近道にってきます!

血行促進効果で、痩せやすい体質とむくみ知らずの身体を目指していきましょう!

まずは3ヵ月継続していってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。