メンズこそ使うべきおすすめスキンケア7選!男性も肌をきれいにするべき理由と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スキンケアは女性だけが行うものと思っていませんか?

女性が化粧水や美容液を使うのはよく聞きますが、男性が日常的にスキンケアをするのって、あまりイメージがありませんよね。

しかし、若くてきれいな肌を維持するためには、男性も同じようにスキンケアをすることが大切です。

とはいえ、まだまだ男性にスキンケア文化が広がっていないので、あなたがスキンケアを始めようと思っても、何を使えばいいか、どうやって使えばいいか迷ってしまうでしょう。

そこで、今回はよくある男性の肌トラブルやスキンケアの基本から、スキンケアの実際のやり方、そしておすすめのスキンケア商品を紹介していきます。

これを読んで、スキンケアを始めてみましょう。

Contents

男性にスキンケアが必要な理由

男性にはスキンケアなんて必要ない。

そう思っているあなた、大きな誤解をしています。

男性の肌は女性の肌と同じように、傷つきやすく日ごろからお手入れをしてあげる必要があるんです。

男性の肌の特徴

男性の肌と女性の肌は同じだと思っていませんか?

基本的な構造は同じですが、細かく見ていくと実際は異なる部分が多いんです。

まずは男性と女性の肌の違いを理解しておきましょう。

脂の分泌が多い

まずは分泌される脂の量についてです。

男性の肌では脂の分泌が多いです。

脂の元になっているのは、肌の内部組織から分泌されている皮脂というもので、男性ホルモンが多いほど皮脂が多くなります。

これにより、男性の方が皮脂の量が多くなり、分泌される脂の量も多くなっています。

肌の水分量が少ない

また、男性の肌の特徴として肌の水分量が少ないことが挙げられます。

男性の肌は女性に比べて、水分量が少なく、水分を保つ力が弱いです。

そのため、うるおいやみずみずしさが失われやすくなり、乾燥肌につながります。

乾燥肌になると、肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激に弱くなり、ニキビや肌荒れの原因にもなりやすいです。

ひげを剃る

また、男性は女性と違いひげが生えてきますよね。

個人差はありますが、男性は定期的にひげを剃っています。

毛穴から伸びているひげを剃った時、当然ながら肌表面を傷つけてしまっています。

肌表面が削られているので、肌へのダメージが蓄積され、肌トラブルの原因にもなるのです。

このように、男性と女性では肌の状態や、ひげの有無などで大きく異なっていることが分かります。

男性特有の肌の状態を知った上で、正しいスキンケアをしていく必要があります。

男性に多い肌トラブル

続いて男性に多い肌トラブルを見ていきましょう。

あなたは男性に肌トラブルがあるのは知っていますか?

女性に関する肌トラブルはよく聞くかもしれませんが、男性にもあるんです。

知る機会がないだけで、実はあなたも肌トラブルで悩まされる可能性があるので、しっかりと覚えておいてください。

あなたはどの肌に分類されますか?

自分の肌の特徴や性質、トラブル内容を知って、どんなスキンケアをすればいいかを考えてみましょう。

主な肌トラブルは下の5つです。

  • 顔が脂っぽくなってしまう
  • ニキビができやすい
  • 毛穴の黒ずみが目立つ
  • 顔のシミが増えてきた
  • しわやたるみが目立つ

それぞれの肌トラブルについて説明していきます。

顔が脂っぽくなってしまう

まず1つ目の男性の悩みは顔が脂っぽくなってしまうことです。

毎朝、顔を洗っているにもかかわらず、夕方になると顔が脂っぽくなってしまうことはありませんか?

特に夏場になると、額や頬に脂汗が出てきてべとべとしてしまうことがありませんか?

顔が脂っぽくなってしまう原因は、男性の肌から皮脂が分泌されやすいことにあります。

皮脂は男性ホルモンによって分泌されやすくなることから、女性よりも男性で圧倒的に皮脂が多くなってしまいます。

ニキビができやすい

ニキビの原因は毛穴に皮脂が詰まってしまうことによって発生します。

毛穴が詰まっていると、本来汗として排出されるはずだった皮脂がたまってしまいしまいこれが固まることによってニキビができます。。

ニキビの中でも注意するべきなのが赤ニキビ

赤ニキビは毛穴にたまっている皮脂をエサとしてアクネ菌が大量発生し、炎症を起こすことによってできます。

赤ニキビは放置しておくと、悪化して膿がたまることもあります。

肌の表面だけでなく内部までアクネ菌が増殖すると、跡が残ってしまったり、痛みが出てくることもあるのでアクネ菌の増殖をいかに抑えるかがポイントです。

毛穴の黒ずみが目立つ

続いての悩みは毛穴の黒ずみです。

鼻やおでこに黒ずみができやすく、気になることもありますよね。

黒ずみの原因は、先ほども言った皮脂です。

男性は皮脂の分泌が多く、毛穴が広がりやすいことから、皮脂や角質が角栓として詰まってしまいます。

通常は白っぽいですが、長い時間詰まっていると、空気によって酸化されだんだんと黒くなっていきます。

これによって黒ずみができてしまいます。

顔のシミが増えてきた

4つ目の悩みは顔のシミです。

年を取るとシミができやすくなり、老けた印象を与えやすくなります。

30代後半から40代にかけて一気に老けるのも、シミがあるためなんです。

シミができる代表的な原因としては下の3つがあります。

  • メラニン色素
  • 血流
  • 肌の乾燥

メラニン色素とは、肌の組織内で紫外線や外的刺激から細胞を守るために作られます。

一般的にメラニンは肌の生まれ変わりのタイミングで、古い角質と一緒に排出されます。

しかし、肌トラブルなどによって肌の循環がうまくいかないとメラニンがシミとして肌に残ってしまいます。

肌の循環は「ターンオーバー」とも呼ばれ、肌が生まれてから垢として排出されるまでのサイクルを指します。

ターンオーバーは肌へのストレスが原因で乱れやすくなることから、日々のケアが必要です。

メラニンはシミだけでなく、くすみの原因にもつながることから、しっかりとケアしていきましょう。

しわが目立つ

最後の肌トラブルはしわについてです。

こちらもシミと同様に、見た目の印象を大きく変えやすい要因です。

しわができる原因としては肌の乾燥が挙げられます。

肌に水分が足りていないと、しわができやすくなります。

いくつかのしわが重なり合いつながっていくと、大きなしわとなり、目に見えて分かるようになります。

他の原因として、紫外線や肌の弾力低下があり、日ごろから肌へのケアが必要です。

肌トラブルの原因

肌トラブルの原因として挙げられるのは、皮脂の分泌過剰肌の乾燥がありますね。

男性は皮脂の分泌が多く、顔が脂っぽくなったり、ニキビや黒ずみの原因になります。

また、肌の乾燥は肌トラブルの元になることから、肌のターンオーバーが乱れ、シミの原因につながります。

また、肌トラブルを防ぐために、肌への栄養補給も必要になります。

さらに肌の乾燥からしわができやすくなっています。

ここで分かることは、スキンケアをするために考えるべきことは、以下の3つです。

  • 皮脂をしっかり落とすこと
  • 肌への水分補給を心がけること
  • 肌への栄養も与えるようにすること

これらの3つはスキンケアアイテムを使うことでしっかり改善することができます。

メンズスキンケアアイテムの種類と使い方

次にスキンケアアイテムの種類と、その選び方について説明していきます。

スキンケアと一口に言っても、実際には使うべきアイテムがたくさんあるのをあなたは知っていますか?

スキンケアに使われるアイテムは何種類も存在するので、どれをどのタイミングで使えばいいか分からなくなってしまいますよね。

ここからしっかり説明していくので、参考にしてくださいね。

スキンケアには大きく分けて4種類のアイテムが使われます。

  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液

4種類も使うなんてあなたは知っていましたか?

それぞれについて説明していきますね。

洗顔料の役割と使い方

洗顔料は肌の汚れや角質、脂を落とす役割があります。

基本的にスキンケアをする最初に用いられます。

洗顔料を選ぶポイントは、しっかりと皮脂の汚れを落としてくれるものを選びましょう。

男性の肌の特徴は皮脂の分泌が多いことでしたね。

女性用ではなく、男性用の洗顔料を探してください。

しかし、洗浄効果が強すぎてしまうと、肌の脂分を全て洗い流してしまい、逆に肌トラブルにつながります。

皮脂コントロールをしてくれる洗顔料を選ぶことがポイントです。

化粧水の役割と使い方

続いて使うのが化粧水です。

洗顔料で肌の汚れや脂を落とした後、きれいになった肌に使っていきます。

化粧水の役割は肌に水分を補給する役割があります。

男性の肌は、水分量が少ないという特徴がありました。

不足しがちな水分を化粧水によって取り入れましょう。

化粧水を使うことで、次に使う美容液の効果を発揮させやすくなるのもポイントです。

美容液の役割と使い方

3つ目に使うのは美容液です。

美容液は肌に栄養を補給する役割があります。

美容液には水に溶けやすい保湿成分ビタミンC、コラーゲン、セラミドなどが含まれていることから、肌の表面だけでなく、肌の内側からスキンケアを行います。

ビタミンC:しわやくすみ
コラーゲン、セラミド:しわやたるみ

肌トラブルにしっかりと効く成分が含まれていることから、スキンケアのメインになります。

乳液の役割と使い方

最後に使うのが乳液です。

乳液は水っぽい成分と、脂っぽい成分の両方が含まれています。

水っぽい成分は肌にうるおいを与えてくれて、脂っぽい成分は肌表面に残って、肌組織から水分の蒸発を抑えてくれます。

水っぽい成分と脂っぽい成分の比率によって乳液の感触が変わってくるのを覚えておいてください。

水っぽい成分が多いとサラサラした水のような手触りになり、脂っぽい成分が多いとクリームに近く粘り気のある感触になります。

どちらがいいかは完全にあなたの好みになります。

夏場にはサラサラして水っぽい乳液、冬場にはしっとりとした脂っぽい乳液を使って、季節によって変えている人も多いです。

スキンケアの正しい4ステップ

最後にスキンケアのやりかたをまとめます。

  1. ステップ1:洗顔料で顔の汚れや油分を落とす
  2. ステップ2:化粧水で肌に水分を補給する
  3. ステップ3:美容液によって、保湿成分などの栄養を補給する
  4. ステップ4:乳液によって、肌の保湿をして、肌表面からの水分蒸発を防ぐ

この4ステップを全て行うことで、完璧なスキンケアをすることができます。

シミやくすみ、赤ニキビ、黒ずみなどは30代後半から40代にかけて発生しやすくなり、見た目の印象にも大きくかかわってきます

まだ若いから大丈夫と思っていても、確実にあなたの肌はダメージを受けています。

30代になってからスキンケアをやっておけばよかったと後悔する前に、早めの対策を始めてみてはいかがでしょう。

メンズ美容液の効果をさらに上げる3つのポイント

メンズ美容液の効果を上げるポイント

ここでは、美容液の効果を最大限引き出すための気をつけておきたいポイントを3つ紹介します。

美容液を正しく使うことによって、美容液のスキンケア効果をしっかりと出して、毎日の肌の手入れに役立ててください。

たくさん美容液を使うのは逆効果

いくら気になる部分がたくさんあったとしても、同時に何種類も美容液を重ね付けするのはだめです。

各美容液に含まれている成分が望まない反応を起こして肌荒れのリスクが出てきてしまいます。

基本的には1種類だけを使うことを想定して作られているので、重ね塗りは避けましょう。

どうしても色んな種類の美容液を使いたい場合は、時間をずらしてください。

例えば、朝と夜のスキンケアの際に分けて使うなどですね。

美容液の効果を出すには肌の水分補給が大切

「美容液は高いし成分が多く配合されているのなら、スキンケアってそれだけで完結できてしまうのでは」と思うかもしれません。

しかし、洗顔後の水分を欲している肌というのは、美容液によっては成分をうまく取り込むことができないことがあります。美容液の効果を引き出すには、美容液の前に化粧水で水分補給をおこなうのが大切です。

乾燥がひどい季節などは美容液の後にさらに乳液・クリームで効果的な成分を肌に閉じ込めるのもGOOD。

肌の調子が良くなってきたら美容液は控えてもOK

シワ・くすみ・シミなど悩みが解消されていると感じた場合には、使用を控えてもかまいません。肌は調子を自力で整える整調作用があるので、状態の良い肌への過剰な栄養は不要となってしまうからです。

基本的には、毎日使用することで肌への効果があらわれますが、肌の状態を確認しながら使用していくようにしましょう。

メンズにおすすめのスキンケアを種類別に紹介

それでは最後におすすめのスキンケア商品を紹介していきます。

スキンケアには洗顔料、化粧水、美容液、乳液の全てを揃える方が効果的です。

1つ1つのアイテムのおすすめ商品の特徴を説明しながら紹介していきますね。

洗顔料の選び方

男性は女性よりも皮脂の量が多いことから、しっかりと洗顔をして顔から汚れや余分な脂を落とすことが大切です。

洗顔料を選ぶときには、あなたの肌質や悩みに合わせて選ぶことが大切です。

オイリー肌

皮脂分泌が多いので洗浄力が高い洗顔料を選ぶ。

しっかりと脂を落とせることが大切になります。

洗浄力が高すぎると、脂を全て落としてしまうので洗浄力と保湿力が備わっているとベストです。

乾燥肌

男性は水分が少なくなりやすく乾燥しやすいので保湿性のたかいものを選びましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンを含んだものがおすすめです。

ニキビ肌

ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し炎症を抑えてくれる洗顔料を選びましょう。

アクネケアやサリチル酸という表示があるものがおすすめです。

敏感肌

敏感肌の場合には敏感肌用の洗顔料を選ぶ。洗顔料の成分で肌トラブルが起こることもあるので、無添加の洗顔料がベスト。

おすすめ洗顔料

ウーノ ホイップウォッシュ、資生堂

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

肌の脂をしっかり落とせるのがポイントです。

済みパウダーを配合している濃密ホイップが泡立ちやすいことから、脂をとらえてさっぱりとした肌に仕上がります。

値段もお手頃なことから、初めて洗顔料を買うならおすすめな1品です。

化粧品で有名な資生堂が手掛けている商品なので、信頼もおけて購入しやすいでしょう。

プロアクティブプラス(proactiv+) スキン スムージング クレンザー

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

CMでもおなじみのプロアクティブです。

サリチル酸が入っていることから、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する効果があり、ニキビができにくい健康な肌へと導きます。

肌にやさしいソフトタイプであり、肌を刺激せず余分な脂や汚れをしっかり洗浄します。

値段的には周りの洗顔料よりも少し高いです。

しかし、その分効果が期待できるので、しっかり洗顔をしたい人やニキビができやすい人にはおすすめです。

ルシード、マンダム

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

最大の特徴はQ10やアミノ酸が配合されていることです。

これらの成分は栄養として肌に供給され、肌を内側からケアすることができます。

また、高密着パウダーによってサラサラ肌を実感することができるでしょう。

香料などが含まれていないので敏感肌の人でも安心して使うことができます。

販売している会社はマンダムであり、男性向けの商品を多数手がけています。

白髪染めやニオイケア、ワックスなどが有名ですね。

おすすめ化粧水

続いては化粧水の紹介です。

化粧水は保湿性の高いものを選ぶのがポイントです。

肌トラブルの大きな原因として肌の乾燥があってので、乾燥を防ぐことができる保湿成分が入っていることをチェックしてください。

保湿力の高い成分はセラミド、ヒアルロン酸などがあります。

THE TONER、バルクオム

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

乾きやすい男性の肌にぴったりな、保湿成分がたっぷりの化粧水です。

最大の特徴は潤いを一定に保つことができるトレハロースという成分を配合していることです。

トレハロースが肌組織に行き渡った水分をとどめ、保湿効果を発揮します。

また、低刺激なことからシェービング後にも使うことができます。

ZIGEN

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

3大保湿成分である、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合しているのが最大の特徴です。

この3つの有効成分によって、肌にうるおいを補給し、みずみずしい素肌になります。

また、アルコールや香料を使っていないことからも敏感肌の人が使っても安心です。

使用感はべたつきにくく、サラサラとした感触で非常に使いやすいのが特徴です。

おすすめ美容液

美容液にはさまざまな栄養が含まれており、肌の悩みを解決するために必要不可欠です。

主な有効成分としては下の4つがあります。

  • ビタミンC:美白効果、シミ予防
  • ビタミンE:細胞のケア
  • コラーゲン:保湿効果
  • ヒアルロン酸:保湿効果、肌のハリ

肌のハリやシミは見た目の年齢にも関わってきます。

いつまでも若々しく健康的な肌を保つためにもスキンケアをしっかりと行いましょう。

アクティブ コンセントレイティッドセラム、資生堂

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

女性用の化粧品でも有名な資生堂が開発した、男性用美容液です。

男性の肌を研究し、男性のために作られた商品です。

エイジングケアを目的として作られており、しわやハリのなさという問題を解決します。

保湿成分によって、肌のハリを取戻し、若々しい顔つきを取り戻してくれます。

シェービングの後にも使うことができ、非常に用途が広いのも嬉しいです。

値段は少し高いですが、肌のケアをしっかりした人にはおすすめですよ。

WHITH WHITE MEN

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

保湿対策に重点を置いた商品で、有効成分にはコラーゲンとプラセンタが含まれています。

コラーゲンとプラセンタによって保湿を行い、肌を内側から若返らせシミの発生を防いでくれます。

シミやくすみが取れたという口コミも広がっています。

また、テレビや雑誌などでも取り上げられ、2017年度ベストビューティーアワードにも選ばれています。

オルナ オーガニック 美容液

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

オルナオーガニック美容液の特徴は無添加にとにかくこだわっていることです。

添加剤によって、肌がかゆくなったり、赤くはれてしまう人もいます。

シリコン、合成着色料、エタノール、香料などが入っていない商品です。

また、植物由来の成分を23種類含んでいて、天然の植物油が肌に吸収されやすくなっています。

天然の油なので、肌になじみやすく肌を保湿し、乾燥から守ってくれます。

おすすめ乳液

最後におすすめの乳液を紹介していきます。

乳液を買う時には、しっかりと手につけてみて感触を確かめてください。

感触がよく、使いやすいものを選びましょう。

キュレル、花王

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

 

キュレルは花王が開発した乳液です。

潤いを与える成分としてセラミドやユーカリエキスが含まれており、肌の内側に浸透し、保湿効果をもたらします。

伸びがいい乳液で、乾燥や肌荒れを防ぎます。

赤ちゃんの肌にも使えるというのが最大の特徴であり、肌に優しく低刺激な乳液です。

無香料、無着色料であることから、敏感肌の人も安心して使えます。

ニベアメン スキンコンディショナーバーム、花王

Amazon

楽天市場

公式ホームページ

ニベアが開発した商品で、男性用のスキンケア商品を多数展開しています。

スキンコンディショナーバームにはうるおいを与える成分のグリセリンが入っているので、保湿効果があります。

水っぽい成分が多いので、肌になじみやすくサラサラとした肌触りです。

アルコール成分は入っていないので、ひりひりとした感じはなくやさしい使い心地です。

シェービングの後にも使うことができ、フェイスラインの手入れにも効果的です。

メンズスキンケアまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

男性の肌は女性と違い、皮脂の分泌が多く、水分が失われやすいです。

皮脂をしっかり落とし、水分を保つことがスキンケアに必要なことです。

皮脂が残っていたり、水分が不足していると、ニキビや黒ずみ、シミ、たるみなどの原因にもなります。

男性用のスキンケアには、洗顔料、化粧水、美容液、乳液の4種類が必要であり、どれも欠かすことができません。

正しく使うことによってスキンケア効果が高まり、肌トラブルを防ぎ若々しい健康的な肌を保つことができるでしょう。

お店に買いに行くときにはこの記事を参考にして、自分に合ったものを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。