「プロテインで太る」は勘違い?正しい知識を身に付けて活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
体重計に乗った女性

プロテインってなんとなく太る印象ありませんか?

確かに、プロテインって筋肉をつけるためのものだから、飲み方を間違えると太ってしまいそうで怖いですよね。

結論からお伝えすると、プロテインを飲むだけで太ることはほとんどありません

とはいえ、どうして太らないのかという根拠がわからないと、取り入れようと思いませんよね。

そこで、本記事ではどうしてプロテインが太りにくいのかを解説していきます!

プロテインは「飲むだけで太る」ことはない理由

筋トレをせずにプロテインを飲むと太る

ハードなトレーニングじゃないのにプロテインを飲むと太る

プロテインを飲んで筋肉がついても、筋トレを止めると筋肉が脂肪に変わる

これはすべて誤解です。

なぜなら、

  • カロリーが低いから、太りにくい
  • 食べた時の消費カロリーが一番多い

という特徴を持った栄養素なので、そもそも太りにくい栄養素。

プロテインは太るほどカロリーが高くない

プロテインは、タンパク質の塊です。

タンパク質は、1g = 4kcalという低いカロリーです。

プロテインのほとんどはこのタンパク質からできているため、そもそもあまりカロリーが高くありません。

そのため、プロテインを飲むだけで太るということは、あまりありません。

タンパク質は食べるとカロリーを消費する

タンパク質は、三大栄養素と呼ばれる栄養素の内の一つ。

この三大栄養素は脂質・炭水化物・タンパク質のことですが、この3つの栄養素は食べるとカロリーを消費するという特徴を持っています。

食べることでカロリーを消費する働きのことをDTIといいますが、タンパク質はこの働きが一番大きい栄養素。

タンパク質:約30%

脂質:約4%

炭水化物:約6%

それぞれの栄養素のDTIの割合は、このような形になっています。

数字が大きいほど消費するカロリーが多いので、タンパク質が一番カロリーを消費することがわかります。

こうした特徴から、プロテインは飲むだけで太ることはあまりないということがわかると思います。

参考:厚生労働省e-ヘルスネット

プロテインの役割

プロテインを飲んでいる男性

プロテインは筋肉をつけるためのサプリメント

プロテインは、どうして筋トレをしている方に人気なのでしょうか?

理由は、筋肉をつくるためにはタンパク質が欠かせないからです。

例え筋トレで筋肉を成長させようとしても、筋肉のもとになるタンパク質が足りないと、上手く筋肉が成長してくれません。

そのため、筋トレに取り組んでいる人たちは、タンパク質が不足して筋肉の成長を遅らせないように、プロテインでタンパク質を補給しているんです。

普段の食事ではタンパク質は不足しがちなので、筋肉を成長させたいという方にとっては、プロテインは役に立つサプリメントです。

ダイエットサプリメントじゃない

プロテインはタンパク質を補給するためのもので、痩せるためのものではありません。

飲むだけで痩せるという効果はなし。

もし脂肪を落としたいのであれば、プロテインを飲むのではなく、食事管理をしてカロリー収支を赤字にするようにしましょう。

プロテインは引き締めダイエットに効果あり

ちなみに、プロテインは痩せるためのダイエットには効果がありませんが、スタイリッシュに痩せるという目的なら、効果を発揮してくれます。

というのも、ただ脂肪を落とすだけのダイエットだと、脂肪が落ちるのと一緒に筋肉も落ちてしまいます。

筋肉が落ちるとただ細いだけの見た目になってしまうため、少し不健康な見た目になってしまう可能性があります。

また、筋肉が落ちることでカロリー消費が落ちてしまうことがあるので、リバウンドしやすい体になってしまう可能性もあります。

これは、タンパク質が不足して筋肉が落ちてしまうのが一つの原因です。

この不足したタンパク質をプロテインで補ってあげることで、筋肉の減少を防ぐことができます。

プロテインの役割を知って、プロテインを上手く活用しましょう。

お菓子のようなプロテインは注意

一般的なプロテインはタンパク質の塊なので、飲むだけで太るという可能性は低いです。

ですが、お菓子のようなプロテインがあった場合は、要注意。

お菓子のようなプロテインには、タンパク質以外にも脂質や糖質がたくさん入っている可能性があるため、カロリー過多の可能性があります。

そのため、タンパク質の塊だと思って飲んでいると、太ってしまうことになります。

なので、プロテインを選ぶ時は必ずカロリーを確認しましょう。

太りにくいプロテインの飲み方

プロテインを飲むだけでは太る可能性は低いですが、飲み方によっては太る可能性があります。

プロテインは飲み物に溶かして飲む粉タイプのものが多いですが、この溶かす飲み物に要注意。

飲み物のカロリーによって、太ってしまう可能性があります。

ジュースはもちろん、よくプロテインを溶かすドリンクとして使われている牛乳にもカロリーがあります。

太りたくない場合は、できるだけカロリーのない水に溶かして飲むようにしましょう。

プロテインを飲むだけで太るのは難しい

プロテインはただのタンパク質の塊なので、飲むだけでは痩せられないのと同じように、飲むだけで太るのも難しいです。

そのため、太りたいなら食べることが大切です。

当り前ですが、太るためにはできるだけたくさんのカロリーを摂取すること。

プロテインにはあまりカロリーがないので、ご飯の量を増やしたり一日に食べる回数を増やして、他の食べ物でカロリーを増やすことを目指しましょう。

「プロテインで太る」は勘違いのまとめ

プロテインはカロリーが少なく、カロリーも消費するタンパク質がメインのサプリメント。

そのため、プロテインを飲むだけで太るということはほとんどありません。

ですが、プロテインを飲むときにはカロリーのある飲み物と混ぜて飲まないことが大切。

ジュースや牛乳のようなカロリーのある飲み物と混ぜて飲むと、カロリーが増えて太ってしまう可能性があります。

また、プロテインは飲むだけで痩せることはできませんし、逆に飲むだけで太ることもできません。

あくまで、タンパク質を補給するためのサプリメント。

闇雲にプロテインを飲んでも十分な効果は発揮できないので、正しいプロテインの活用法を知って、プロテインを有効活用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。