リストラップのおすすめ5選!選ぶポイントと使い方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

手首に痛みがあってトレーニングに集中できない・・・

ベンチプレスのときに手首が寝てしまってうまく力が伝わらない・・・

そんなときに関節への負担を軽減し、安定性を高めてくれるのがリストラップ。

ベンチプレスのようなプッシュ系種目でそこそこ高重量を扱えるようになってくると、手首が重量に耐えられず反ってしまいます。

そのままの状態でトレーニングを続けると手首をケガするだけでなく、負荷を狙った筋肉にうまく乗せられずパフォーマンスも下がってしまいます。

リストラップはそんな悩みを一気に解決することができる便利なトレーニングアイテム!

今回はリストラップを選ぶときのポイントやオススメを紹介していきたいと思います。

リストラップとは?

筋力トレーニングをおこなう上で負担が大きくなりやすい手首を保護し、トレーニングの安定性を高めるのがリストラップの役割です。

ベンチプレスなどのプッシュ系の種目をおこなっていると、どうしても手首が反りかえってしまいがちに。

その状態で繰り返しトレーニングをおこなっていると徐々に関節へ疲労が溜まり、気が付けば痛みが生じるようになってくるようになります。

また手首が反った状態だとバーベルからの重量がうまく狙った部位に乗らず、トレーニング自体のパフォーマンスも低下してしまいます。

そのようなトレーニングでのリスクを回避するために、早めからリストラップの利用を検討することをおすすめいたします。

リストストラップとの違いに気を付けよう

リストラップとリストストラップは名前がよく似ているので混同しがちですが全く別物なので注意してください。

リストストラップは簡単に言うと握力の補助をしてくれるアイテムで、デッドリフトや懸垂などの種目で先に前腕が疲れるのを助けてくれます。

手首に巻いたストラップをバーベルに巻き付けてぎゅっと握りこむようにして使います。

とくに背中のトレーニングを中心としたプル系の種目でパフォーマンスを高めたいときに活躍します。

ただリストラップのように手首を保護するような役割はないので、選ぶ際には気を付けましょう。

【関連記事】

おすすめのリストストラップ!懸垂やデッドリフトをさらなる高みへ

リストラップの使い時

リストラップが最も活躍するのはベンチプレスやダンベルプレス、ショルダープレスといったプッシュ系の種目。

ベンチプレスではもちろんのこと、ダンベルのインクラインプレスなんかでは、ダンベルを持ち上げたときのトップポジションでの安定感が増すのでとくに重宝します。

その他にもダンベルでのサイドレイズやアームカールのときにも手首の負担を軽減し、質の高いトレーニングの手助けとなります。

リストラップの長さについて

リストラップを選ぶうえで注目すべきなのが長さです。

ほとんどのメーカーで扱われているのが30cm・60cm・90cmの3種類。

もちろん長さがあるほどホールド力が高くなり、調整も効きやすのですがその分、毎回まき直しにも時間がかかり面倒です。

結論からいうと、一般的にボディメイクを目的したトレーニングおこなう上では60cmを選んでおけば間違いないでしょう。

ウェイトリフターやベンチプレス130kgを超えるような高重量を目指す場合には90cmを選ぶほうがベターです。

オススメのリストラップ

それではさっそくおすすめのリストラップを紹介していきたいと思います。

Schiek(シーク)

詳細を見る

アメリカのトレーニングギアブランドで25年以上の歴史があるShiekのリストラップ。

肌触りの良さと抜群のフィット感で多くのトレーニーから愛用される人気のアイテムです。

マジックテープの耐久性に定評があり長く愛用できるので、迷ったらまずはコレがおすすめです。

長さは30cmと60cmの2種類があります。

FERRY(フェリー)

詳細を見る

とにかく値段を抑えたいという人にとってはこのFERRYのリストラップがおすすめ!

1000円程度とかなり低価格ながら、着け心地が良くホールド感もしっかりあります。

初心者の方や、リストラップを使ったことがないので試してみたいという人にも使いやすいエントリーモデルといったところ。

長さは50cmのみの展開となります。

Rogue(ローグ)

詳細を見る

アメリカのフィットネス用具の大手メーカーが出しているリストラップ。

しっかり伸縮性がありホールド感も充分ですが、何といっても色展開が豊富で配色もスタイリッシュ。

ギアもおしゃれにこだわりたいという人には特におすすめです。

価格も2900円~と高すぎないところもGOOD!

鬼(おに)

詳細を見る

こちらはパワーリフティング連盟(IPF)公認の競技用リストラップ。

パワーリフター向けに作りこまれており固めでホールド力は抜群。実際リフターの方やトレーニング上級者によく愛用されているので、本格的なリストラップを求める方におすすめです。

ボディメイクを中心とした初心者~中級者は60cm、高重量を狙う上級者には90cmがおすすめ。

TITAN(タイタン)

詳細を見る

パワーリフティングの世界的ブランドのリストラップ。

トップリフターたちも愛用されていることから信頼性は抜群ですがけっこう固めで上級者向き。

ベンチプレスでは120kg以上の高重量を狙う人におすすめのギアです。

リストラップの正しい巻き方

リストラップを使用する際には巻き方に注意が必要。

誤った使い方をしていると着けていても全く効果がなくなってしまうので、しっかり正しい巻き方を知っておきましょう。

【巻き方のポイント】

  1. ①ゴムを親指に引っかける
  2. ②小指(尺骨側)方向にリストラップを引っ張る
  3. ③手首を少し内側に倒した状態で巻いていく
  4. ④関節の上を覆うようにテンションをかけて固定
  5. ⑤巻き終わったらゴムを親指から外す

もっとも注意すべき点は手首だけに巻いてしまうこと。

これだとまったく関節が固定されずリストラップの効果はありません。

しっかりと関節の上にテンションをかけ手の甲にかぶるように巻いていきましょう。

まとめ

リストラップは手首を保護するだけでなく、トレーニングのパフォーマンスも高めることができます。

手首の痛みはトレーニングでは致命傷になりかねないので、すでに痛みが出ているという人や高重量に挑戦したいという人はなるべく早めに利用することをおすすめします。

多くの人が「もっと早く買っておけばよかった・・・」と口にするほど効果を実感しやすいトレーニングギアなので、これを参考にぜひ検討してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。