「スポルテック2018」詳細レポート!~後編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前編に引き続き7月25〜27日に東京ビッグサイトで開催された「SPORTEC2018」の様子を紹介していきたいと思います!

サプリメントメーカーも多数出展

フィットネスブースと並んで大きな盛り上がりを見せていたサプリメントブース。

今年はさらに参加企業も増え、ヘルスフードの需要もより高まっています。

ALPRON

総合サプリメントメーカーのALPRONでは自社の幅広いプロテインからBCAAなどのサプリメントをラインアップ。

国内メーカーとして日本人に合ったプロテインをコンセプトに、乳酸菌を配合することでタンパク質の吸収率を高める「IZMO」シリーズなど、こだわりの商品が展開されていました。

beLEGEND

高品質で低価格を実現しているbeLEGEND(ビーレジェンド)ブースではバリエーション豊富なプロテインを試飲も可能。抹茶やベリー味など日本人好みのフレーバーで人気も高まっています。

マッチョ29のサイヤマングレートさんらをゲストに迎えトークセッションをおこなうなど常時盛り上がっていました。

HALEO

総合サプリメントメーカーのHALEO(ハレオ)でも幅広いプロテインやサプリメントをラインアップ。

人気のプロテインバーや新作サプリメントドリンクの試食も可能で人気のブースとなっておりました。

トップフィジーカーの中村厚志選手の姿も。

BUCKED UP

海外で人気のプレワークアウトサプリメントのブースも人気を評していました。

コアなサプリメントも徐々にニーズが高まってきています。

ヘルスケア商材も多様化

フィットネス市場の拡大によりそれを取り巻くヘルスケア商材も多様化。

POWER PLATE

宇宙飛行士の全身振動トレーニングに着目し、トップアスリートのトレーニングへ応用したことから作られた高速振動マシン。

振動するマシンの上でエクササイズをおこなうことでカラダ全体を細かく刺激することができ、短時間で高い運動効果が期待できます。

アスリートのコンディション調整やリハビリなんかにも応用できるそうです。

SARAYA

家庭や医療の化学製品を扱うSARAYAではスポーツリカバリーのための冷却タンクを設置、体験することができました。

-180℃の窒素ガスでカラダを一気に冷やすことで、筋肉の損傷や筋肉痛を抑制する効果があります。

TANITA

健康機器メーカーのTANITAでは最新のスタイリッシュな体組成計が並んでいました。

体脂肪率やBMIだけでなく、脂肪量や筋肉量などの細かいデータを瞬時に測定してくれます。

また総合データはプリントアウトもできるので計測結果のチェックも簡単。医療施設やリハビリテーション、フィットネスクラブなど幅広い分野で使えるマルチ体組成計をラインアップ。

歯のホワイトニングブースも

歯のセルフホワイトニングができるマシンを展示するブースも大人気。

タマゴ型のイスに座って歯に特殊なLEDライトを当てるだけとひじょうに簡単。

最近ではボディメイクと並んでセルフホワイトニングマシンを置くフィットネスクラブも増えてきています。

まとめ

多くの企業が参加した「SPORTEC2018」ですが、改めてフィットネス文化の広がりやニーズの拡大を肌で感じることができました。

また海外からの参加企業もひじょうに多く、それだけ今の日本のフィットネス市場に注目が集まっているように感じます。

カラダ作りはもちろんのこと、高齢化社会に向けての健康維持や予防に注目が集まる現在の日本にとって、「SPORTEC」が起点となり社会に活力が生まれることを期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。