【初心者必見】おすすめのストレッチアプリ特徴解説!自分に合ったアプリがわかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これからストレッチを始めようと思っても、何から始めればいいのかわかりませんよね。

そんな時は、ストレッチアプリを活用するのも一つの方法。

ストレッチアプリを探す時は、できるだけ自分が使いやすいようなアプリを選ぶのがポイント。

やってみたのはいいものの、使いづらかったり、自分の思っていたようなストレッチじゃないと、ストレッチが続きません。

今回は、たくさんあるストレッチアプリの中から、おすすめのアプリを5つピックアップして紹介します!

それぞれの特徴とおすすめポイントをわかりやすく解説しているので、自分にあったアプリが見つかるはず。

ストレッチにチャレンジしてみたいけど、どんなアプリがいいのかわからない・・・

という方は、ぜひ自分にあったストレッチアプリを見つけて、活用していください!

※iPhoneがメインですが、androidで利用可能なアプリもあります。

おすすめのストレッチアプリ5選!特徴で選ぼう

柔軟トレーニング

運営会社:ayAPop

価格:120円(App store)、100円(Google Play)

サイズ:4.6MB

  • 【主な機能】
  • 柔軟ポーズをイラストでわかりやすく説明
  • トレーニング時間(30秒×1セット)を音でカウント
  • 特に取り組みたいストレッチを選んで、オリジナルのメニューが作れます
  • 項目別にトレーニング時間をカレンダーに記録できます

全身のストレッチ方法がわかるアプリ

基本の柔軟トレーニングメニューに特化したアプリ

体全体をストレッチできるメニューを知りたい、運動不足だけどジムに行くのも面倒or激しい運動は気が向かないという方におすすめです。

メニューは

  • 座って出来るトレーニング
  • 立って出来るトレーニング

の2種類に分かれていてそれぞれ10項目ずつあります。

就寝前やテレビを見ながら、運動の前など利用シーンに合わせて座るタイプか立つタイプか選べます

特に取り組みたいメニューをカスタマイズしてMy menuを作ると、1項目終わるたびにMENU画面へ戻ることなく次に進めるので便利ですよ。

App store:ダウンロード

Google Play:ダウンロード

ストレッチ1.2.3

運営会社:JK-SCIENCE CO., LTD.

価格:無料

サイズ:8.5MB

  • 【主な機能】
  • 症状別部位別スポーツ別のストレッチが学べる
  • ストレッチのやり方をイラストで図解
  • 好みのストレッチを選んでオリジナルのメニューが作れます
  • ストレッチの時間を測れるタイマー機能つき

症状・部位・スポーツ別のストレッチがわかる

ストレッチの基礎知識から、症状別・部位別・スポーツ別のストレッチ方法まで教えてくれるアプリ。

ストレッチ教材を探している方やビジネスマン、スポーツマンにもおすすめです。

効果別ストレッチでは

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 便秘
  • 冷え性
  • 二日酔い
  • むくみ
  • ストレス

など日常生活で起こりやすい自分の症状に合わせてストレッチを選べます。

リンパの流れを促して、凝りの元になる疲労物質を蓄積しにくくします。

スポーツ別ストレッチは

  • ゴルフ
  • ジョギング
  • テニス
  • サッカー
  • サーフィン
  • スキー
  • バレー
  • 登山

などのウォーミングアップやクールダウンに使えるので、けがの予防や筋肉痛の軽減に効果的。

毎日続けることで基礎代謝を維持して太りにくい体作りをサポートします。

App store:ダウンロード

Google Play:ダウンロード

2分でかんたんストレッチ

運営会社:株式会社NTTドコモ

価格:「からだの時計WM」アプリを月額300円で契約すれば利用可能

  • 【主な機能】
  • 動画とイラストでわかりやすく解説
  • 200種類以上のストレッチから悩みや目的に合わせて選択
  • 部位別に検索できる

プロ監修の本格ストレッチに取り組める

ストレッチの内容をフィットネスクラブの株式会社ティップネスと日本リハビリテーション医学会専門医、いわゆるプロが監修したメニューが200種類以上

冷え・むくみ、凝り・痛み、代謝アップなど悩みや目的にさまざまなストレッチ法でアプローチできます。

イラストの図解だけではなく、動画で教えてくれるメニューが豊富にあるのでわかりやすいです。

動画だと、鏡で自分の動きとお手本を見比べながらより正しくストレッチができます。

多忙な毎日でも、1つ1つのメニューが数分で済むので休憩時間など気軽にストレッチを取り入れられるのもこのアプリの魅力。

ダウンロード

からだセイバー

運営会社:CIM有限会社

価格:無料

サイズ:49.1 MB

  • 【主な機能】
  • いくつかの質問に答えるだけで適したストレッチを教えてくれる
  • ストレッチしたい部位に絞ってメニューを検索することも可能
  • ストレッチ方法をイラストで丁寧に説明

整体ストレッチに特化したアプリ

プロの治療家向けに開発した「E.F.A.S」の公式整体アプリです。

動作検査で質問に答えると、自分の体に必要な整体ストレッチを提案してくれて

  • 腰痛
  • むくみ
  • 凝り
  • 歪み
  • 重だるさ

などの悩みにアプローチします。

時間は動作検査からストレッチ終了まで5~10分ほどなので、ちょっとしたスキマ時間にストレッチが完了します。

ストレッチを続けると、ポイントが貯まるのも嬉しい特典。

貯まったポイントは独自理論E.F.A.Sの施術が受けられる全国の提携院での施術費などに使えます。

App store:ダウンロード

Google Play:ダウンロード

ストレッチSworkit

運営会社:Nexercise

価格:無料(アプリ内購入あり)

サイズ:61.7 MB

  • 【主な機能】
  • 初心者でも安心!プロトレーナーによる実演動画でわかりやすい
  • ランダム設定からカスタム設定まで自分に合ったトレーニングプランを作れる
  • 脱三日坊主!トレーニングの時間を知らせるリマインダー機能つき
  • 初心者から上級者までレベル別にメニューを用意

時間を設定するとプランを提案してくれる

プロのトレーナーの実践動画でストレッチ法を教えてくれるのでとてもわかりやすくておすすめ。

希望のトレーニング時間を設定すれば、ランダムにストレッチプランを立ててくれるのでメニューを考える手間と時間を省けます。

その一方で、一覧から自分でストレッチを選んで、自分好みのカスタムプランを組み立てることもできます。

そのため同じメニューは飽きてしまう方や気になる部分を集中的に引き締めたい方など自分に合った効果的なトレーニングをすることができます。

また、

  • 毎日のトレーニング設定
  • 希望のトレーニング日数

など事前に登録しておけばリマインダー機能でうっかり忘れや三日坊主を防ぐサポートをしてくれます。

App store:ダウンロード

Google Play:なし

ストレッチアプリのまとめ

自分に合ったストレッチアプリ

ストレッチアプリは、自分に合ったアプリを選ぶのがポイント。

今回ご紹介したアプリは、全身のストレッチ方法がわかるものや、症状別のストレッチがわかる、プロ監修の本格ストレッチなどの特徴があるアプリです。

一部有料のものがありますが、基本的にはどのストレッチアプリも無料

なので、どれがいいのかあまりピンとこない場合は、一度無料で気になるアプリをダウンロードしてみましょう。

軽く試してみるだけで、使いやすさや良いところがわかるので、文字で眺めるだけよりもイメージが湧くはず。

ぜひストレッチアプリを有効活用して、ストレッチを取り入れた日常をつくっていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。