筋トレに取り組む時間帯は「夕方」がベスト?実は自分の都合に合わせるべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事や勉強で忙しくて筋トレができる時間帯が限られていると、できるだけ効率の良い時間帯に筋トレがしたいって思いますよね。

ただ、実際どの時間帯に筋トレをするのが良いのかって、なかなかわからないという方が多いと思います。

そもそも、筋トレをするのに効果的な時間帯って本当にあるのでしょうか?

結論から言うと、筋トレは「夕方の時間帯」にするのが良いといわれています。

ですが、筋トレをする人全員が夕方の時間帯に筋トレをすべきかというと、そうではありません。

今回は、筋トレの時間帯はどうして夕方が良いの?ということや、個人で筋トレをしている人が取り組むべき時間帯について解説していきます。

筋トレの時間帯がバラバラだから不安、どの時間帯に筋トレをすればいいのわからないといった方は、ぜひ参考にしてください!

筋トレをするのにベストな時間帯は「夕方」

時計と時計の横にあるダンベル

冒頭でもお伝えしたように、筋トレをするのに効果的な時間帯は、「夕方」です。

どうして夕方に筋トレをするのが良いのかというと、体全体の機能が夕方にかけて活動的になるからです。

体は、体内時計を使って、活動状況に合わせて体の機能を調整しています。

「夕方」は体が活動的になる

体内時計は、体の中の活動をコントロールしている時計のことです。

朝起きたらすぐにお腹が空く」「夜は眠くなる

これらは、体内時計によってコントロールされています。

分かりやすく解説すると、

朝~:お昼~夕方の活発に活動する時間帯に向けて血圧や体温などが上がっていく

昼~夕方:一日の中で一番活発に活動する時間帯で、体の機能も高くなる

~夜:昼~夕方の活動モードから寝るモードに入るため、徐々にリラックスの状態になる

体内時計に沿って、このような流れで体の活動が変わっていきます。

これを見ると、昼~夕方にかけてどんどん体の機能が活発になっていくことがわかりますね。

体の機能が活発 = 筋トレの質がアップ

体の機能が活発な時間帯は、一日の中でも特に筋力持久力が高くなっています。

つまり、一日の中で最も万全の状態だということです。

ということは、活動が活発な時間帯に筋トレをすれば、高い質のトレーニングができるということになります。

こうした理由から、筋トレは体の機能が活発になる「夕方」に行うことが良いとされています。

参考:https://www.jst.go.jp/,https://journals.lww.com/

夕方が効果的だが、一番は継続しやすい時間帯に行うこと

腕立て伏せをしている男性

筋トレをするなら、夕方に行うのが効率的でおすすめということでした。

ですが、夕方って仕事中・学校中の人が多いと思うので、少し取り組むのに厳しい時間帯ですよね。

その理由は、大きく3つあります。

まず一つ目は、夕方に筋トレを続けたとしても、どれだけ大きな違いが出るのかはまだはっきりとは分かっていないこと。

二つ目は、続けていくうちに体が取り組んでいる時間帯に適応していくので、時間帯は関係なくなるという結果が出ている研究があること。

三つ目は、夕方の時間帯に筋トレをするのは現実的じゃないという人が多いからです。

効果の違いがわからないことにこだわるよりも、続けることにこだわることが大切です。

なので、「取り組みやすい時間帯」に筋トレをすることを意識しましょう。

参考:https://journals.lww.com/

筋トレの時間帯で押さえること・注意すること

ジムで片手腕立て伏せをしている男女

取り組みやすい時間帯に取り組むのが一番ですが、2つだけ押さえておきたいことがあります。

  • できるだけ毎回同じ時間帯で筋トレをすること
  • できるだけ避けておきたい時間帯

この2つについては、できれば意識しておきたいことなので、解説しておきます。

同じ時間帯に筋トレをすることで効率アップ

筋トレを続けていると、少しずつ体内時計が筋トレに適応していきます。

体が筋トレに適応してくれると、より質の高い筋トレができるようになるということです。

ただ、体が適応するためには「できるだけ同じ時間帯」に筋トレを続けることが大切。

「個人の筋トレなら時間帯は気にしなくて問題ない」の部分でも少しお伝えしましたが、同じ時間帯に筋トレを続けることで体が「この時間は筋トレをする時間」と判断して、体の機能を調整してくれます。

同じ時間帯に筋トレをすると習慣化しやすい

毎回同じ時間帯に筋トレをすると、習慣化しやすくなるというメリットもあります。

同じ時間帯にしていたことを止めてしまうと、なんとなくむずむずする気持ちになったことはありませんか?

これを実現するためには、毎回同じ時間帯に取り組むこと。

同じ時間帯に取り組むことで、なんとなく休みづらい状況をつくろうということです。

できる範囲で問題ないので、時間帯に取り組むようにしましょう。

就寝前・空腹時は避けて筋トレをする

基本的に自分の都合に合わせて時間帯を決めるのがおすすめですが、

  • 就寝前
  • 空腹時

この2つはできるだけ避けておく方が無難です。

就寝前:体をリラックスさせるために避けておく

体には、交感神経副交感神経という二つの神経があります。

交感神経は体が活発な時に優位に働く神経。

一方で、副交感神経は就寝前などの体がリラックスしている時に優位に働く神経です。

副交感神経が優位になっていると、質の高い睡眠がとれます。

そのため、夜眠る時間帯には副交感神経を優位にしておくことが大切ですが、筋トレをしてしまうと交感神経が優位になってしまい、睡眠の質が落ちてしまいます

睡眠の質が落ちると、疲れが残ってしまうため、次の日の活動に支障が出てしまいますし、筋肉の疲労回復にもマイナスです。

就寝直前は、筋トレを避けるようにしておきましょう。

空腹時:筋肉が分解されるから避けておく

お腹がすいている時は、体がエネルギー不足を起こしている状態です。

エネルギー不足ということは、体が新しくエネルギーを生み出すことができない状態。

この状態で無理に筋トレをしてしまうと、体は筋肉を分解してエネルギーを生み出してしまいます。

つまり、筋肥大したいから筋トレをするのに、筋トレをすることで逆に筋肉が減ってしまうという残念なことに。

空腹時は筋トレをするモチベーションも保てないと思うので、できるだけ避けておきましょう。

筋トレの時間帯まとめ

家の中で腕立て伏せをしている男女

筋トレをより効果的にしたいなら、夕方の時間帯に筋トレをするのがおすすめです。

体の機能が活発になっているので、筋トレの質が高くなり、他の時間帯よりも筋肥大や筋力アップが期待できます。

ですが、時間帯によってどこまで効果が変わるかはわからないので、個人筋トレの場合は「取り組みやすい時間帯」に筋トレをするのが一番。

個人で筋トレをするなら、

  • できるだけ同じ時間帯で筋トレをする
  • 就寝前・空腹時の時間帯は筋トレを避ける

この2つを意識して、あとは仕事や勉強など自分にとって都合の良い時間帯に筋トレをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。