【女性向け】二の腕痩せにジムはどう?活用するメリットやトレーニングを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

気兼ねなくTシャツやノースリーブを着たいけど、二の腕のお肉が気になってためらってしまう。

二の腕痩せのためにジムに通うかどうか迷っていませんか?

筋トレは、筋肉を付けてすっきり引き締まった二の腕をつくるのに効果的です。

二の腕の筋トレは自宅でするのもいいですが、ジムでするのもおすすめです。

ダンベルやベンチを使ったトレーニングもできるし、何よりマシンを使ったトレーニングができちゃいます。

そこで、今回はジムで取り組む二の腕トレーニングをマシン中心に紹介していきます。

また、ジムで鍛えるからこそのメリットについても解説します。

これからジムで二の腕を引き締めようと考えている方や、二の腕痩せのためにジムを活用するかどうか迷っている方は、ぜひジムトレのイメージをつけるために、参考にしてください!

二の腕トレーニングをジムでするメリット

ジムでダンベルを持っている二人の女性

少し紹介しましたが、ジムで二の腕を鍛えるメリットを紹介します。

二の腕をジムで鍛えるメリットは2つ。

  • 自宅よりもいろいろな二の腕トレーニングができて、マンネリ化しない
  • マシンを使えるので、初めてでも取り組みやすい

この2つがジムで二の腕を鍛えるメリットになります。

幅広いトレーニングでマンネリ化しない

自宅だとできる二の腕トレーニングの数が少ないので、マンネリ化してしまいやすいです。

マンネリ化しやすいと飽きてしまいがちで、続かない原因になってしまいます。

一つのトレーニングに集中するよりも、いろいろなトレーニングに取り組みながらの方が楽しく鍛えられるという人は、ジムを活用すれば楽しく二の腕痩せを目指せます。

マシンのおかげで上手にトレーニングできる

ジムにはたくさんの筋トレマシンがあります。

マシンは動きが決まっているので、初心者でも上手にトレーニングしやすいという特徴があります。

トレーニングが苦手な方でも上手くトレーニングできるので、自宅でするよりも効率よくできることも。

ダンベルや腕立て伏せなどのトレーニングが苦手な方にとっては、マシンを使ったほうがやりやすく、楽しくトレーニングができます。

ジムでできる二の腕トレーニング

指導をしてもらいながらジムでトレーニングをする女性

ここからは、ジムでできる二の腕トレーニングを紹介していきます。

マシンを使ったトレーニングを中心に、ダンベルやベンチを使ったトレーニングも紹介します。

ケーブルトライセプスプレスダウン

ケーブルマシンというマシンを使って行うトレーニングです。

下にケーブルを引っ張ることで、二の腕の後ろ側をしっかり使うことができます。

二の腕後ろ側をピンポイントで鍛えられるトレーニングなので、おすすめです。

  • ひじと上半身はしっかりと固定して行う
  • 二の腕の筋肉を使ってロープを引くようにする
  • 体全体の力を使ってケーブルを引っ張らないようにする

ケーブルオーバーヘッドトライセプスエクステンション

こちらもケーブルマシンを使って行う二の腕トレーニングです。

さっきのトレーニングと同じように、できるだけ二の腕の力でケーブルを引っ張るように意識しましょう。

体を使って引っ張ると楽になる一方で、二の腕の効果が期待できなくなるので、注意してください。

  • ひじが外側に広がらないように注意する
  • 二の腕を使っていることを意識しながらロープを引くようにする
  • 勢いではなく、ゆっくり耐えながら戻すようにする

スミスマシンナローベンチプレス

スミスマシンというマシンを使えば、女性でもベンチプレスを上手くこなしやすくなります。

マシンを使っているので怪我のリスクも下がるメリットがあります。

  • うまく二の腕に力をかけるために脇をしめて行う
  • 二の腕に力を集中させるために、肩幅より少し狭い位置でバーを持つ
  • 下すときが大切なので、ゆっくりと下すようにする

リバースプッシュアップ

腕立て伏せの逆バージョンのようなトレーニングです。

見た感じは楽そうに見えるかもしれませんが、ゆっくり丁寧にするときついトレーニングです。

ただ、テンポよくやってしまうとかなり楽になってしまうので、きついのをこらえて丁寧にゆっくりと取り組んでいきましょう。

  • 二の腕が使われていることを意識しながら、ゆっくりと下していく
  • ひじが90度になるくらいまで下げていく

ワンアームフレンチプレス

ダンベルを使った二の腕トレーニングです。

片手で取り組みながらもう片方の手で支えられるので、取り組みやすくしっかり二の腕に効かせやすいトレーニングです。

  • ひじの位置が動かないように、使っていない手でひじを固定する
  • 腰が反り過ぎないように、腹筋にも力を入れて行う

二の腕を鍛えるときは回数多め・軽めの重さで

ケーブルトレーニングをしている女性

ダンベルやマシンを使ったことがないと、いきなり上手にトレーニングするのは難しいです。

ただ、何度も繰り返せる筋トレは効率が悪くなってしまいます。

なので、二の腕は回数多め・軽めの重さでトレーニングするようにしましょう。

だいたい15~20回×3セットできついくらいがちょうどいい重さです。

これを目安に、ダンベルやマシンの重さを調整してください。

二の腕痩せを目指すためには食事も大切

ダンベルと食材

ジムを活用すれば、二の腕痩せができるかというとそうではありません。

二の腕は、特に女性は太りやすくなかなか痩せにくい場所です。

そのため、筋トレだけでは二の腕痩せができないこともよくあります。

もし、二の腕の脂肪を落とすことが目的なら、食事制限も合わせて取り入れましょう。

二の腕が太くなってしまう理由は、カロリーを摂り過ぎているから。

このカロリーを調整するには、食事制限が一番手っ取り早いです。

まだ二の腕ダイエットを始めたばかりなら、ぜひ筋トレと合わせて食事制限も取り入れてください。

二の腕ジム・マシンのまとめ

腕を見せるポーズをとっている女性

自宅で二の腕トレーニングをするのもありですが、思い切ってジムで二の腕トレーニングにチャレンジするのもおすすめです。

繰り返しになりますが、二の腕をジムで鍛えるメリットは

  • 幅広いトレーニングでマンネリ化しない
  • マシンのおかげで上手にトレーニングできる

この2つです。

また、ジムは自宅と違っていろいろな人がトレーニングをしているので、「自分もがんばらないと!」とモチベーションが上がるメリットもあります。

二の腕を引き締めるためにジムに通うかどうか考えている方は、ぜひ前向きに検討してみてください。

どれだけジムに通えばいいの?ということについては、「筋トレの頻度について」の記事で解説しているので、よかったら参考にしてください。

二の腕を引き締めて気がなくTシャツやノースリーブを着れるように、ぜひがんばって取り組んでください!

二の腕痩せのためのダイエットまとめ!すっきりした腕回りをつくる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。