夜寝る前のヨガでぐっすり快眠!上質な睡眠で疲れを溜めないカラダづくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

寝る前にヨガをするとどんな効果があるか知っていますか!?

ヨガの効果に加え、美容や健康にも嬉しい“睡眠の質を上げる効果”があります。

不眠症や翌朝の目覚めが悪いなど、夜ヨガで解決することができます!

そこで今回は夜寝る前のヨガの効果とおすすめの夜ヨガ方法をご紹介します。

自宅でヨガをやろうと思っている方は是非これを読んで夜ヨガを取り入れてみてくださいね!

ヨガっていつやるの!?

「そもそも自宅でヨガをする時いつやればいいの・・・」

せっかくやるなら効率よく取り入れたいですよね。

ヨガといえば「朝活」というイメージもありますが、実際はどの時間帯が多いのか見てみましょう!


参考サイト

グラフからわかるように夜取り入れている方が最も多いという結果に。

「朝は早起きをするよりも、夜の方が継続しやすい」そういった理由でも夜ヨガは人気です。

しかし本当の人気の理由は、夜ヨガには男女共に嬉しい効果があるからです!!

では、次の項目で夜ヨガの効果について見ていきましょう。

ちなみに、女性のお昼前後が多い理由はスタジオに通っている方が多く、それに比べ男性はスタジオに通わず自宅で取り入れている方が多いのでこのような結果になります。

夜寝る前のヨガが良い3つの理由!

夜寝る前にヨガを取り入れている方が多い理由を解説します。

それは健康な体には欠かせない、嬉しい3つの効果があるからです。

①  寝つきを良くし不眠症の改善

寝つきが悪い理由はストレス、心配事からの気持ちが高ぶった状態(交感神経が優位)が原因とされています。

それに有効なのがヨガの呼吸法です。

ヨガでの呼吸は腹式呼吸が基本とされています。

腹式呼吸で充分に脳に酸素を送り、自律神経の副交感神経を優位にさせる働きがあります。

副神経交換が優位になると、体がリラックス状態になり睡眠モードへと誘導してくれます。

②  睡眠の質が上がる

ヨガのポーズには大きく体を使うことで老廃物を流し、疲れや体のコリを解消する効果があります。

翌朝の目覚めが悪い時は、疲れが取れていなかったり、質の良い睡眠がとれていない証拠。

「疲れたから早く寝る」ではなく、1日の疲れをしっかり解消してから寝ることが大切です。

ちなみに質の良い睡眠は美肌効果も期待できます!

③  痩せやすい体

日中緊張した筋肉を1日の終わりにしっかりほぐしてあげることが重要。

体のコリをほぐし血行が良くなると、代謝がアップします。

代謝がアップすると脂肪を燃焼しやすくなり、結果ダイエット効果が期待できます。

シェイプアップを目的にヨガをしている方は、夜に取り入れることもおすすめです。

ヨガをする前に注意すること

時間帯

筋トレは体への負担から空腹時や食後すぐなど、制限すべき時間がありますよね。

ヨガも同じように注意すべき時間帯があります。

それは食後すぐの満腹時です。

ヨガのポーズには体をひねることで内臓に圧力がかかります。

食後すぐは負荷がかかすぎてしまうので、夜寝る前といっても食後2時間は空けてから行いましょう。

また、ヨガは空腹時がおすすめといわれていますが、極端な空腹時ではエネルギーが少なすぎて気分が悪くなることも。

その日の体と向き合い、食事前、食後2時間を目安に行いましょう。

ヨガの種類

ヨガにはいくつかの種類や流派がありますが、睡眠前のヨガにはアクティブすぎないヨガが最適です。

パワーヨガなどの体を激しく動かすヨガは、体が興奮状態になってしまうので寝つきが悪くなってしまいます。

呼吸法がメインのリラックス効果の高いヨガやポーズがおすすめです。

効果アップの環境づくり

夜ヨガで大切なのは体をリラックスさせること。

そのためにも、体が落ち着く空間づくりが重要です。

~夜ヨガの効果を高める環境 ~

●  部屋の照明を暗くする
照明は暖色系がおすすめ。
昼光色などの青みがかった光は目を覚醒させてしまう原因に。
アロマキャンドルは明るさ、香り共にリラックス効果が高まるので◎

●  リラックスできる音楽を流す
静かな場所、またはリラックスできる音楽を流しましょう。
歌詞付きの音楽は集中力が保ちにくいので、オルゴールや自然の音などのBGMがおすすめです。

●  ヨガマットを引き、周りには何も置かない
ヨガマットがあると、滑り止めになりポーズに安定感が出ます。
また、膝をついたときにもマットがクッション代わりになり痛くありません。
ストレッチや筋トレをする時にも使えるので、ひとつは持っておいても便利ですよ!

朝ヨガと夜ヨガの違い

朝活にヨガを取り入れている方も多いはず。

ヨガをしながら太陽の光を浴びて始まる1日は、気持ち良いですよね。

「寝る前は疲れているから朝にやっておこう」

このような理由で取り入れている場合は、朝と夜での効果の違いをしっかり理解する必要があります!

朝ヨガの効果
◆ 交感神経を優位にし、1日を活動的に。
◆ セロトニンホルモンが増え、安定したメンタルに。

朝ヨガ、夜ヨガともに即効性のある効果長期間継続しないと実感できない効果があります。

シェイプアップには最低3ヶ月は継続が必要です。

自分の生活リズムとも相談し、継続しやすい取り入れ方をしましょう。

▼ 朝ヨガの魅力について詳しく知りたい方はコチラ
✔︎ 朝ヨガの効果
✔︎ 朝ヨガの方法

ヨガは朝に行うべき!?朝ヨガで一日のはじまりを気持ちよく!

寝る前のおすすめヨガ

夜寝る前におすすめのヨガ動画をご紹介します。

▼ リラックス効果を高めるヨガ
▼ 疲れを解消するヨガ

この2つをご紹介します。

自分の体と向き合い優先度の高い方から取り組んでみましょう!

精神を整えリラックス効果を高めるヨガ

【ポイント】
● まずは自分の呼吸に集中し、深い呼吸をする。
→ヨガを行う時は体をリラックス状態にしてから始めるのが効果的です。
● ストレッチのようなポーズが多いので、しっかり体を伸ばす。
→無理に体を伸ばさず、気持ちいいくらいの感覚で大丈夫です。

1日の疲れをスッキリ解消ヨガ

【ポイント】
● まずは自分の呼吸に集中し、深い呼吸をする。
→ヨガを行う時は体をリラックス状態にしてから始めるのが効果的です。
● 膝を曲げ足をお尻の横にもってくる姿勢は体が固いと難しいので、できる範囲でお尻に近づけましょう。
→下半身中心のポーズが多いので、骨盤の歪みにも効果的です。

まとめ

今回は夜寝る前にヨガを取り入れる効果や方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか!?

まとめると、寝る前にヨガをするメリットは

◎ 睡眠の質を高める。
◎ 一日の疲労を解消し、翌朝もスッキリりした目覚めに。

このような効果が得られます。

また、朝ヨガに比べて早起きする必要がないので継続しやすいのもいいですよね。

疲れた日こそ夜ヨガを取り入れ、質の良い睡眠を取ることが大切です。

夜ヨガで健康な体を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。